竹鶴の買取・査定

(taketsuru)

竹鶴(taketsuru)

基本買取情報

最高買取金額 ¥350,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥11,000
買取本数 190本

生産情報

生産国     
日本
地域
北海道 宮城
地区
余市郡 仙台市    
余市町 青葉区
作り手
余市蒸留所 宮城峡蒸留所

詳細

分類   
ジャパニーズウイスキー
タイプ
ピュアモルトウイスキー
原材料
大麦 酵母 グレーン

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

竹鶴の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

竹鶴(taketsuru)の特徴

竹鶴。それは、ある男の名が由来で造られました。

その男とは日本のウイスキーの父であり、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝氏です。

「本物のウイスキーをつくりたい。」
その一心で、竹鶴氏は日本で初めて本場スコットランドへ留学しました。

おいしいウイスキーは、北の風土が育むもの。そう確信した竹鶴氏は帰国後、余市と宮城峡、ふたつの北の地に念願の蒸溜所を完成させました。

1934年の創業以来、石炭直火蒸溜という伝統的な製法が頑に守り続けられ、力強い個性を持っている余市蒸溜所と、その華やかでやわらかな個性を持つ宮城峡蒸溜所。

竹鶴は、そのふたつの蒸溜所のモルトだけをヴァッティングしたウイスキーです。
日本のウイスキーの父の名が刻まれているとともに、一滴一滴の中にウイスキーづくりへの情熱が息づいている逸品です。

歴史

1934年創業のニッカウヰスキー。1967年2月に第2の蒸留所を建てるべく日本中を視察し、最終的に岩手、宮城、福島の3県に絞り込みました。

同年5月に竹鶴政孝氏が現宮城峡蒸留所である地を視察し、新川川の水を飲んで、即座に宮城に決定を下したそうです。さらに同年11月に工事が着工されました。

蒸留所の完成は1969年のことで3月に蒸留器の火入れ式が行われ、竣工式は1969年5月10日に華やかに開催されました。

その式の会場に訪れた竹鶴氏は妙なにおいに気づいたそうです。それは、壇上に掲げられた看板のペンキのにおいだったそうですが、竹鶴氏のほかには誰も気づかなかったので、さすが創業者の鼻と感心されたそうです。

逸話

「ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝翁(故人)が昭和42年5月にこの地を訪れ、新川川(にっかわがわ)の清流を汲み飲んで、あまりにも清冽で磨かれた味に驚嘆し、北海道余市に続いてニッカが求めた第二のウイスキーの故郷、仙台工場の建設を決定した記念の地です。」

これは宮崎峡蒸留所の側にある新川川の傍らにある「ニッカ仙台工場建設決定の地」記念碑に刻まれている文面です。

この記念碑は竹鶴政孝氏の志を受け継いできた社員たちが平成11年に建立したものです。竹鶴氏はこの新川川の水を飲んでいくつかあった候補地の中からこの地に蒸留所を立てることを決めました。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ