アベラワーの買取・査定

(aberlour)

アベラワー(aberlour)

基本買取情報

最高買取金額 ¥66,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥7,000
買取本数 17本

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スペイサイド
地区
スペイサイド地区
アベラワー村
作り手
アベラワー蒸留所

詳細

分類     
スコッチ・ウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

アベラワーの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

アベラワー(aberlour)の特徴

ゲール語で「せせらぐ小川の川口」という意味を持つアベワラーの設立は、公式には1879年です。しかし、それ以前の1826年にはこの地で密造酒が造られており、創業自体は開始していたと言われています。

アベワラー蒸溜所は、スペサイド中央のワラー川沿いに建ち、仕込み水にはベンリネス山の麓にある泉からひいた澄んだ水を使用し、原料にはスコットランド産の大麦のみを使用しています。

また、国際ワイン&スピリッツ大会で何度も金賞を受賞した、フランスで人気の高いモルト。バニラやラムレーズンのような香りと、舌触りの良さが特徴です。

歴史

アベラワー(ABERLOUR)の作り手である蒸溜所は、スペイ川近くにあるアベラワー村で、1826年にジェームズ・ゴードンとピーター・ウェアの2人により創業されました。

アベラワーの語源はゲール語で「せせらぐ小川の川口」を意味しています。この蒸溜所は、50年と長きにわたり操業していましたが、ある時、火災で焼失してしまいました。その後、ジェームズ・フレミングが1879年に、歴史のあるフランスのペルノー・リカール社に買収され、スペイ川の上流にアベワラー蒸溜所を建設。しかし、これも1898年に再度火災により消失してしまいます。

現在の蒸溜所は、チャールズ・ドイグ設計により1974年に建てられたもの。古典的なヴィクトリアン様式の美しい建物となっています。

逸話

日本ではあまり知られていないアベラワーですが、フランスでは有名で、高い人気を誇ります。全世界でも、ベストセラーモルトのトップ10に入るとされています。

アベラワーは国際ワイン&スピリッツ大会で、金賞を6度も受賞しています。この輝かしい実績を持つのは、アベラワーだけです。なお、1986年に金賞を受賞した際には、涸れていた聖ダンスタンの井戸から一時的に水が湧き出したというエピソードもあるほどです。また、以前の倉庫主任だったフレイザー氏が、熟成庫で眠るウイスキーにバグパイプの子守唄を聞かせていたとも言われています。

味わいとしては、アベラワーは初心者向けの飲みやすいモルトです。甘さの具合をみても、フランスで大きな人気を誇ることが良く理解できます。

ウイスキーの買取一覧へ戻る