ベルの買取・査定

(bell's )

ベル(bell's )

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
ピトロッホリー
ブレア・アソール
作り手
ブレア・アソール蒸溜所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
ブレンデッド・ウイスキー
原材料
大麦 酵母 グレーン

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ベルの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ベル(bell's)の特徴

ベルスコッチのキーモルトはハイランドのブレアソール蒸溜所で造られています。

ベルスコッチは英国でナンバーワンのマーケットシェアを保持すると同時に、1983年に英国女王陛下特別輸出奨励賞を受賞。

英国、南アフリカ共和国、スウェーデン、スペインを筆頭に、世界約120ヶ国で愛飲されています。

イギリスで最も販売量が多いブレンデッドウイスキーで、ほどよくきいたピート香、すっきりした飲み口がイギリス人に愛されています。

 

歴史

ベル・スコッチの歴史は、1845年、イギリス北部のパースにあったトーマス・サンマンという酒商にアーサー・ベルが共同経営者として参加したときから始まります。

名ブレンダーとしてその名を博したアーサー・ベルにより、ベルスコッチウイスキーが生まれました。

後世に「稀代のブレンダー」と称されたベルの創業者アーサー・ベルがロンドンに販売代理店を開いたのは、1863年のことです。

モルトウイスキーとグレーンウイスキーの混合という考え方は、もともとエジンバラのアンドリュー・アッシャーが考えたものとされていますが、この当時のブレンドは未成熟のモルトとグレーンを数種類ブレンドさせたものに過ぎませんでした。

アーサーが稀代のブレンダーと言われたのは、彼の信念である「数種類の良質なモルトとグレーンをブレンドすれば、シングルモルトより多くの人々の口に合う」という考えから、熟成された良質のモルトとグレーンをブレンドし、今までになかったウイスキーを醸造できたためです。

1895年には社名をアーサー・ベル&サンズ社とし、2人の息子が事業に参画しました。1900年にアーサー・ベルは亡くなりましたが、その頃にはすでにベルのウイスキーは確固たる地位を確立し、世界中に売り出されていました。

逸話

コレクションに加えるにふさわしい最適なベル・デキャンタは、1930年代に限定で売り出されました。1988年からは、毎年クリスマスの時期に合わせてさまざまな図柄が入ったデキャンタが売り出されています。

クリスマスバージョン以外にも、1981年の英王室のチャールズ皇太子とダイアナ妃の婚礼時など、歴史的なイベントを祝した図柄のバージョンが限定で販売されることがあります。

また、ベルのラベルには創業者のアーサー・ベルにちなんで、鐘が書かれた紋章図が使用されています。この紋章図にはライオンも組み合わされており、これを「カンティング・アームズ(CANTlNG ARMS)」と言います。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ