ボウモアの買取・査定

(bowmore )

ボウモア(bowmore )

基本買取情報

最高買取金額 ¥1,800,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,500
買取本数 116本

生産情報

生産国        
イギリス
地域
スコットランド
地区
アイラ島
ボウモア
作り手
ボウモア蒸留所

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ボウモアの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ボウモア(bowmore)の特徴

1779年に地元の商人だったデビッド・シンプソンが創業したアイラ最古の蒸溜所。島の中心、ボウモアの町の小さな港のそばに建ち、その様子はまるで海に浮かぶ要塞のように見えます。

ボウモアとはゲール語で「大きな岩礁」という意味。風が強い日には蒸溜所はまともに波しぶきを受け、この影響で蒸溜所内は潮の香りに満ちています。

特に「第1貯蔵庫」は海抜ゼロメートルに位置しており、そこで熟成された原酒は磯の香りが漂います。また、ボウモア蒸溜所はフロアモルティングを行い、伝統的な製法を守り続けています。

ボウモアのウイスキーづくりはアイラ島の産業であると同時に、島民の生活の中心として成長してきました。

その象徴として、ビジターセンターや売店・宿泊施設も早くから充実させ、町を挙げて観光客を積極的に受け入れようという姿勢や、蒸溜廃液の高熱を利用して温水プールをつくり島民の福祉に貢献していることなど、

ホスピタリティにあふれる蒸溜所としても知られています。

ピートの水で仕込まれたモルトウイスキーは、アイラモルトの女王ともいうべき、洗練された、かぐわしいピート香を放つ名酒です。

歴史

アイラ島最古の歴史を持つボウモア蒸留所は1779年に創業しました。設立から数十年小規模な経営が続き、1837年W&J・マター社に買収されたときは、生産量はわずかに年間3640リットルしかなかったそうです。

しかしその後の50年で生産量を90万リットルまで増やし、数回にわたる買収を経て、スタンレー・P・モリソンの所有になりました。

以降、モリソンボウモアとして蒸留所を稼動していましたが、現在ではサントリーの傘下になっています。

現在の設備は、蒸留器が4基、オレゴン産のマツ材を使用したウォッシュバックが6槽あります。この蒸留所の特徴は、施設内でフロアモルティングを行うことで、麦芽の総需要量の約4割がこれでまかなえています。

逸話

創業者のジョン・シンプソンは、農業経営者、蒸留家、建築家、採石場経営者、郵便局長と実に多くの顔を持っていました。

2007年にはSWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)で最優秀金賞受賞および「ベスト・イン・ショウ」受賞しました。

これは、アメリカで開催される国内最大の国際的なコンペティションです。この賞を受賞したことにより、ボウモアは世界中の酒類業界の注目を集めるようになりました。

ボウモアを作る工程には、水に浸した大麦をピートの青い煙がもうもうと立ち上るキルンで乾燥させる、伝統的なフロアモルティングという工程があります。

この工程こそが、ボウモアのピートの香りをもっとも繊細でバランスの取れたものとしているのでしょう。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ