高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ブナハーブンの買取・査定

(bunnahabhain )

ブナハーブン(bunnahabhain )

生産情報

生産国       
イギリス
地域
スコットランド
地区
アイラ島
ポート・アスケイグ
作り手
ブナハーブン蒸留所

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ブナハーブンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ブナハーブン(bunnahabhain)の特徴

ブナハーブン蒸留所は、ウイスキーづくりが盛んなアイラ島の北の玄関口にある蒸留所で、アイラ島では比較的新しい蒸留所です。

ブナハーブンはゲール語で「河口」という意味を持ち、仕込み水は石灰岩を通って湧くマーガイル川の水を使用しています。

パイプでその水を引き、ピートの色や風味を取り込まず、ほとんどピートを炊かない麦芽を使用。

この島でつくられるモルトウイスキーは「アイラモルト」と呼ばれています。色もアイラモルトしては珍しく、水そのもののピート色は濃くありません。

そのためスモーキーさが少なく、軽くフレッシュな風味とほのかな潮の香りが特徴。アイラ島産の中では一番飲みやすいアイラモルトとも言われています。

歴史

1881年、海辺の近くにブナハーブン蒸留所は創業しました。この蒸留所を建築するために付近では、道路や埠頭、労働者のための家や学校などが作られました。

総工費は3万ポンドを超えたそうですが、操業を始めた蒸留所は開始わずか2年目にして1万ポンドの収益を上げたそうです。

一時期エドリトン・グループの傘下に入り、マッカランやハイランドパークといった商品の影に隠れたこともありましたが、2003年にバーン・スチュワートに買収されて以来、積極的な出資をもとに世に出回っています。

主な商品は12年、18年、25年の3商品であり、12年と18年に関しては入手可能ですが、25年はアルダー材の木箱に入れられており、レアものとして認知されています。

その他にも毎年5月末に開かれる「アイラ・フェスティバル」を記念した限定商品や、スパニッシュオークのシェリー用ホッグスヘッド樽で熟成させた2種類のモルトも発表されています。

逸話

アイラ島の蒸留所は、ピート焚きしたスモーキーなシングルモルトとして有名になる以前はウイスキーファンではなく、大手のブレンド業者を顧客としていました。

当時はブレンドにしかモルトが使用されないため、受注される量が少ないと言う問題点がありました。なぜなら多くのモルトをブレンドに加えてしまうとウイスキーのバランスが崩れてしまうためです。

こうした経緯を踏まえて、アイラ島最北端のブナハーブン蒸留所は、ピートを一切使用しないモルトや少量のピート焚きしたモルトを作るようになりました。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ