クライヌリッシュの買取・査定

(clynelish)

クライヌリッシュ(clynelish)

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
ハイランド
ブローラ
作り手
クライヌリッシュ蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

クライヌリッシュの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

クライヌリッシュ(clynelish)の特徴

クライヌリッシュは、「本土のモルトの中で最も海岸の味わいを持つもの」とも表現されるシングルモルトです。

昔から銘酒と言われてきたこのウイスキーは、飲みやすくて深みがあり、海草のような香りがあってオイリー。

非常にバランスがとれた、食前食後を問わないオールラウンド・モルトウイスキーで、通好みの熱烈なファンが多いことでも人気が高いです。

伝統的にスペイサイドモルトの「グレンリベット」と並び称される銘酒で、かつては供給が追い付かないほどの人気を誇っていました。

歴史

1819年にスタッフォード公爵がクライヌリッシュ蒸溜所を創業し、1967年に新しい蒸留所が建設された時に、古い建物を「ブローラ」、新しいほうを「クライヌリッシュ」と名付けました。

ブローラは、黒ラベルなどのブレンデッドウイスキー向けにアイラスタイルモルトを提供してきましたが、1983年5月に操業停止。クライヌリッシュ蒸溜所とブローラ蒸溜所のものは、基本的な味わいは変わらずに造られており、製造過程もほぼ同じでした。仕込み水も変わらず、クラインミルトン川から採取しています。

蒸溜所はスコットランド本土の北に向かって伸びる海岸沿い、ゴルフとサーモン・フィッシングで有名なリゾート地のブローラという村にあり、ハイランドの中でもアイランズ的な特徴を持っています。

逸話

クライヌリッシュが売り出された当初、このウイスキーの評価はとても高く、長きにわたって常連客にしか販売されていませんでした。商売用に大量の購入はできなかったそうです。1886年、作家のアルフレッド・バーナードはこのクライヌリッシュについて作中で「いつでも、スコッチウイスキーの中で一番値段が高かった」と言っています。

しかし、その名声もわずか50年後、不況により蒸溜所が閉鎖してしまいました。その後、1938年に再び蒸溜所は稼動しましたが、1941年、第二次世界大戦で大麦の供給がストップしてしまったため、再び閉鎖されてしまったというエピソードがあります。

現在、クライヌリッシュは、スコットランド最北の地で製造されているハイランドモルトのひとつです。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ