ダラスデューの買取・査定

(dallas-dhu )

ダラスデュー(dallas-dhu )

生産情報

生産国    
イギリス
地域
スコットランド
地区
スペイサイド
マリシャー
作り手
ダラスデュー蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ダラスデューの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ダラスデュー(dallas-dhu)の特徴

スペイサイド地方のフォレス地区で創業。設立当時はダラスモア(Dallasmore)と呼ばれていました。

仕込みの水には、オルタイア川の水を使用し、アロマとビターなフレーバーが特徴的で、口あたりがソフトなスペイサイドモルトです。

色はやや薄い琥珀色で、きつい香りのわりには味わいまろやかなモルトウイスキー。

ブレンダーからの評価が高かったダラス・デューですが、現在は一切仕込まれておらずストックのみとなります。

歴史

ダラスデュー蒸留所はヴィクトリア時代後期の1898年、スペイサイドのフォレス地区に建てられました。創設者はベテラン蒸留家のアレクサンダー・エドワードです。

当初の名前はダラスモアと呼ばれており、蒸留所名をダラスデューと変更した後にそれに因んでダラスモアと呼ばれるウイスキーが販売されました。

その後ベン・モアと言う商品も出ましたが現在は製造されていないため、オークションなどでなければ見つけられないレア物になっています。

ダラスデュー蒸留所は後にDCL傘下となりましたが、1983年に多くの蒸留所とともに閉鎖されました。

現在までに再稼動はされていませんが、蒸留所の跡地は文化財保護団体のヒストリック・スコットランドによって博物館として運営されています。ここを訪れるとロデリック・デューというブレンドの試飲が出来るようになっています。

 

逸話

ダラスデューの語源はゲール語で黒い水の流れる谷という意味があります。ダラスデュー蒸留所から8キロほど南にいったところにはダラスと呼ばれる小さな村があり、蒸留所の名前の由来に関係していると考えられます。

ダラスデューの味わいはソフトでありながらフルーティな甘みがあり、モルトの主張性も強く感じられます。

しかし、仕上がりにはムラもあるので、このことが蒸留所閉鎖と関係があったのかもしれません。ダラスデュー蒸留所は再稼動の見込みがないため、現在ストックが残っている分だけしか在庫がありません。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ