高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

グレンエルギンの買取・査定

(glen-elgin)

グレンエルギン(glen-elgin)

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
スペイサイド
マリシャー
作り手
グレンエルギン蒸留所

詳細

分類   
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料 
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

グレンエルギンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

グレンエルギン(glen-elgin)の特徴

自然豊かな渓谷に囲まれたスペイサイドに蒸留所があります。グレンエルギンはゲール語で「小アイルランドの谷」の意味で、スペイサイドでは19世紀に建てられた最後の蒸留所です。

蒸留所は環境にも恵まれており、グレン川の豊富な水を動力源にしていたため、1950年まで電力が必要ありませんでした。

仕込み水はミズビュイズ湖付近の泉の水を利用しています。

評論家の評価が高く、元々ホワイトホースの核となる原酒として造られていましたが、後にシングルモルトとして販売されるようになりました。
香りが爽やかでソフトな口あたりは、女性にも抵抗なく受け入れられそうです。

 

歴史

グレンエルギン蒸留所の設立は1898年のことでした。創業者はジェームズ・カールとウィリアム・シンプソンでスペイサイドモルトに対抗するブレンダーからの要望を受けて創業しました。

スペイサイドで蒸留所が創設したのは60年ぶりのことでしたが、創業したもののわずか2年でウイスキーブームが去り、蒸留所は長い低迷の期間に入ってしまいました。

創業から30年間の間には創業者も度々入れ替わり、閉鎖と再稼動が繰り返し行われ、1930年からは現在の所有者であるディアジオの傘下に入りました。

1960年代になり2基から6基に蒸留器は増えましたが、古いワームタブはニューメイクにボディと重厚さを与える貴重な施設として現在にも残されています。

逸話

グレンエルギン蒸留所が建設されている途中段階より、ウイスキー業界には不況の影が差してきます。

設計者である高名な建築家チャールズ・ドイグは、「グレンエルギン建設後50年間はスペイサイドに新たな蒸留所が建設されないだろう」と予言しました。

しかしこの予言ですら結果的には楽観的なものであり、実際に次のトーモア蒸留所が建設されたのは実に60年も後のことだったのです。

グレンエルギン蒸留所は創設後100年間ほぼ変わることなく伝統を守り続け操業をしてきました。

しかし1930年にスコティッシュ・モルト・ディスティラーズ社の傘下に入ってからは、有名なホワイトホースブレンドウイスキーの原酒として使用されるようになっていったのです。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->