高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

グレンギリーの買取・査定

(glen-garioch)

グレンギリー(glen-garioch)

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
ハイランド
アバディーンシャー
作り手
グレンギリー蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

グレンギリーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

グレンギリー(glen-garioch)の特徴

公式には1797年の設立ですが、1785年には操業されていたと言われています。グレンギリーはスコットランドで最初に認可された蒸留所で、もっとも古い蒸留所です。
グレンギリーは水源が近くにはない為に、水の確保がなかなか出来ず、何度もオーナーの変更がありました。そして、ようやく近くの野原に井戸を掘り水源の確保に成功。

そのやわらかい天然水を利用し麦芽を仕込み、ドライイーストで発酵させたあと丁寧に2回蒸溜しています。

ハイランドの古い伝統を感じさせてくれるスモーキーフレーバーが強く、花のような華やかな香りとスパイシーさが特徴です。

歴史

創業からおよそ3世紀のときを経ても順調に操業を続けているのがグランギリーです。名前の意味はゲ―ル語で「谷間の荒れた土地」を指します。この地方は昔から良質な大麦が取れるとして知られてきました。

蒸留所はバンフとアバディーンの間の道路沿いに立つ小さな蒸留所であり、この蒸留所が200年稼動していると言うことはまさに偉業と言ってもいいでしょう。

設立はトーマス・シンプソンによります。シングルモルトが初めて販売されたのは1972年のことですが、それより以前もブレンダーの間からは高い評価を受けて操業を続けてきました。

1994年サントリーがモリソン・ボウモア社の全株式を取得しオーナーになり、一時は閉鎖しましたが1997年に操業を再開。その時に、イースト菌にかわってドライイーストを使用することを決めました。

逸話

高評価をしていたブレンダーの一人、ウィリアム・サンダーソンは、1886年グレンギリー蒸留所の株式の半数を買い占めました。

サンダーソンがグレンギリーと出会ったときにはまだ蒸留所はリースのブレンダー組合の所有でしたが、1921年にサンダーソンの息子は共同出資者とともに全事業を買収します。

グレンギリーの商品は、数量限定のシングルモルトがほとんどであり、モリソン・ボウモアのボトリングが行われています。8年物から21年物までが取り揃えられています。

また、グレンギリー・ハイランド・トラディッショナルは免税店のみで販売されていて、グレンギリーの中では軽やかでわずかに香りが強いシングルモルトとなっています。

 

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->