グレンロセスの買取・査定

(glen-rothes)

グレンロセス(glen-rothes)

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
スペイサイド
ローゼス
作り手
グレンロセス蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

グレンロセスの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

グレンロセス(glen-rothes)の特徴

多くのスコッチウイスキーの原酒としてだけではなく、ブレンド・ウイスキーで有名な「カティサーク・ウイスキー」の核となるモルト原酒です。

スペイサイドにある小さなローゼスという街の外れにある、5つの蒸留所のうちのひとつで、ローゼス川のほとりに蒸留所があります。
水源のドーニィ渓谷近くにある源泉周辺の土壌を所有し、水質管理もこだわっています。

生産はブレンデッド・ウイスキーの原酒としての蒸留がメインで、シングルモルトとして選び出されるのは、全生産量の2%と言われています。

モルトはピートの香りがおだやかでエレガント。
フルーティーでナチュラル・スモーキー味わいが、スペイサイドを感じさせてくれます。
色は自然な淡い琥珀色が特徴。

歴史

グレンロセス蒸留所は1879年にウィリアム・グラント社により設立されました。多くの原酒として使用されていましたが、1987年に初めてのオフィシャルシングルモルト12年を発売しました。

販売当初はその他多数のウイスキーの中に埋もれていましたが、所有者であるベリー・ブラザーズ&ラッドはワイン愛好家の間でもヴィンテージものが高い評判を得ていることを知り、

1994年にグレン・ロセス・ヴィンテージをリリースしたところ状況は一変しました。

2004年にはグレン・ロセス・リザーブも販売され、現在も高い評価を得ています。最も古いヴィンテージは1972年で、その他75年と78年もリリースされています。

ヴィンテージシリーズ以外ではシングルカスクや30年物も商品化されています。

 

逸話

ローゼスは小さい町並みですが、スペイサイドではダフタウンに次ぐウイスキーの町として知られています。そんな町並みにグレンロセス蒸留所は設立されました。

グレンロセス蒸留所の設立は、当初マッカランのジェームズ・スチュワートと銀行家のロバート・ディックとウィリー・グラントによる共同出資で始まるはずでした。

しかし、施工前に突然スチュワートが身を引いたため、金融面で危うくなり、計画そのものが無くなりそうでした。

何とかスタートを切った後は、そのモルトの質の高さからブレンダーの間で評判となり、当時のアメリカで人気No1であったカティサークにキーモルトを提供するまでに成長します。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ