アイル・オブ・ジュラの買取・査定

(isle-of-jura)

アイル・オブ・ジュラ(isle-of-jura)

生産情報

生産国      
イギリス
地域
スコットランド
地区
ジェラ島
クレイグハウス
作り手 
アイル・オブ・ジェラ蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

アイル・オブ・ジュラの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

アイル・オブ・ジュラ(isle-of-jura)の特徴

「鹿の島」と呼ばれているジェラ島。
スコットランド西岸に浮かぶ島にあるジェラ蒸留所は、人口が200人強に対し、野生の赤鹿が5000も棲み、道路が1本しかない島にあります。

ジュラ蒸留所は1810年に建設。

しかし、島でのウイスキー造りの記録は1502年までさかのぼることができます。
山からピートの草原を通り流れ出た濾過された水と、清澄な空気というウイスキー造りの環境に恵まれていたためです。

アイル島と隣り合う島ですがお互いの個性は異なり、アイル・オブ・ジェラは、ピートをそんなに炊き込まないことが特徴です。

これには、アイラモルトとの差別化を図るためとも言われています。

どことなく潮っぽさを感じ、ライトな味わいでピート香は軽く、華やかでライトな味わいです。

歴史

ジュラ島は遠い昔からウイスキー作りが行われてきた地域です。はるか1502年にはすでにウイスキー作りが行われていたという記録もあります。

グレイグハウスに建てられたジュラ蒸留所は創業こそ1810年でありますが、その歴史は50年以上にわたって閉鎖されてきた過去があります。

現在稼動しているジュラ蒸留所は1950年代後半に浮上した蒸留所の再稼動計画が持ち上がって改築され、1963年から稼動しています。

仕込み水はロッホ・ア・ヴァレ・ヴァルケイという標高約300m地点からくみ出されています。

ここで生み出されるウイスキーは、隣のアイラ島で作られているウイスキーとは別の味わいのウイスキーであるという評価をされています。

逸話

ジュラ島はスコットランドインナー・ヘブリディーズ諸島の小さな島です。ジュラの由来は、北ゲルマン語で鹿を意味すると言われています。

島の気候は西岸海洋性気候で、ジュラ島と隣接するスカルバ島の間ではたまに渦巻きが発生することがあり、ウイスキーの流通である船が運航できないことがあるそうです。

ジュラ島は人口160人ほどしかおらず、これはほぼ同じ大きさである隣の島のアイラ島に比べて圧倒的に人口密度が低く、野生のアカシカが5000頭生息していると言われているので、人間の数より圧倒的に多いのです。

そんなジュラ蒸留所があるクレイグハウスには、島で唯一のパブや商店、ホテルなども集まっています。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ