ロングモーンの買取・査定

(longmorn)

ロングモーン(longmorn)

基本買取情報

最高買取金額 ¥20,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥20,000
買取本数 2本

生産情報

生産国       
イギリス
地域
スコットランド
地区
スペイサイド
マリシャー  
作り手
ロングモーン蒸留所

詳細

分類   
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料 
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ロングモーンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ロングモーン (longmorn)の特徴

ロングモーンとは、ゲール語で「聖人の場所」を意味し、蒸留所が建てられた場所にはチャペルがあったといわれ、語源となっています。

蒸留所はエルギンからロセスに至る道のそばに位置します。

一般的な知名度は低いですが、ブレンダーの間からは昔からマッカランやグレンファークラスとならぶトップ・ドレッシングの一つとして知られ、最も偉大なスペイサイドモルトとして高く評価されています。

仕込み水は、ミルビュイズの泉の水を使用しており、フレーバーに麦芽っぽさとフルーティさを持ち、バニラやレーズン、ラム酒のような華やかな香りで、味はドライでスパイシーです。

食前酒には最高のモルトウイスキーです。

歴史

ロングモーン蒸留所は、1893年にグレンロッシーの創業者として知られるジョン・ダフ氏が52歳のときにジョージ・トムソン、チャールズ・シレスとともに設立しました。

蒸留所には蒸留器4基が導入され、およそ2万ポンドをかけて建設されました。ダフはその後トムソンとシレスからすべての経営権を買い取り、ロングモーン蒸留所の隣に新たな蒸留所であるベンリアックを設立しました。

しかし、創業以来常に稼動し続けているロングモーン蒸留所とは違い、ベンリアック蒸留所は度重なる経営難に陥り何度も閉鎖、再稼動を繰り返してきました。

その違いは、ロングモーンの花の香り漂うスペイサイドモルトが、ブレンダーの評価につながったと言えるのでしょう。

逸話

ロングモーン蒸留所は、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏も修行に訪れた蒸留所のひとつとして知られています。

ロングモーン蒸留所は、グレンリベッドとグレン・グラントと1970年に提携を結びました。これが20世紀末に起こされるシーグラム社の母体となったのです。

ロングモーンは1994年に、シーグラムの「ヘリテージ・コレクション」からオフィシャルボトルを販売しています。

その後2000年に飲料メーカー大手であるペルノ・リカールのウイスキー部門であるシーバス・ブラザーズの傘下となりました。

シーバスはロングモーン15年に変わる16年物を販売しており、スーパープレミアムモルトとして位置づけられるように力を入れています。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ