オールド・プルトニーの買取・査定

(old-pulteney)

オールド・プルトニー(old-pulteney)

基本買取情報

最高買取金額 ¥1,800
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,800
買取本数 12本

生産情報

生産国         
イギリス
地域
スコットランド
地区
ハイランド
ケースネス
作り手
プルトニー蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

オールド・プルトニーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

オールド・プルトニー(old-pulteney)の特徴

プルトニー蒸留所は1826年にジェームス・ヘンダーソン氏により創業しました。

スコットランドのウィックと言う街の北ハイランドでも最北端に位置する海岸沿いにあり、ピートと岩が多いケースネス州、昔はニシン漁で栄えたウィックの港を見下ろす高台に建てられています。

1955年にハイラム・ウォーカー社が所有し、1995年にはインバーハウス社が買収。

ハイラム・ウォーカー社の時代にはシングルモルトは発売されていませんでしたが、インバーハウス社に所有になってからは蒸留所元詰めの12年物や15年物が発売されるようになりました。

仕込み水は、ヤーロー湖という湖水から引いていて、海の近くにある影響から潮の味を感じ、独特の潮っぽさとオイリーさ、フルーティーで複雑な味わいが特徴です。

歴史

プルトニーの蒸留所があるケースネスは、スコットランドの蒸留所の中で最も北にあり、イギリス最北端の土地であるジョン・オ・グローツまでは目と鼻の先に位置しています。

その土地にジェームス・ヘンダーソンがプルトニー蒸留所を設立したのは1826年のことでした。プルトニーの名前の由来は、漁業の街の発展に尽くした国会議員サー・ウィリアム・ジョンストン・プルトニーの名前にちなみ、プルトニーという名前になったと言われています。

当時の蒸留所は多くの漁師に愛されて、ラベルデザインにもその象徴は描かれました。

逸話

かつてこのケースネスの村ではニシンの漁が盛んに行われていました。ニシン漁では、下処理、樽詰めなど大変な肉体労働だったといわれています。

そのため、村でただひとつの蒸留所であったプルトニー蒸留所はそんな猟師たちの憩いの場となっていたようです。

しかし、漁業はどんどん衰退していきました。それに平行して禁酒運動が盛んに行われ、蒸留所にとってはまさに逆風の嵐の中だったといいます。

1922年に村中で飲酒が禁止され、1930年ついに同蒸留所も閉鎖に追い込まれました。

1951年蒸留所が再稼動されるまでの21年間ものあいだ開くことなく締め切り状態が続いたそうです。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ