ロイヤル・ハウスホールドの買取・査定

(royal-household)

ロイヤル・ハウスホールド(royal-household)

生産情報

生産国   
イギリス
地域 
スコットランド
作り手
ジェームズ・ブキャナン社

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
ブレンデッド
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ロイヤル・ハウスホールドの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

ロイヤル・ハウスホールド(royal-household)の特徴

ロイヤル・ハウスホールドとは「王室」の意味で、かつては英国王室専用品を少量市販しているもの。

厳選した45種類の希少な原酒をブレンドした、バランスの取れた気品漂う味わいは、王室から高い評価を受け、翌年にロイヤルワラント(王室御用達)の称号を授かりました。

1990年代初頭までは「THE」という定冠詞がついており、英国王室と日本市場しか出回らないことから並行輸入もなく、価格は高額でした。そして「THE」が消えた現在でも、それは変わっていません。

歴史

1897年、当時最も多くの原酒をストックしていたジェームズ・ブキャナン社は、英国王室から特製の上質なスコッチウイスキーを造るように注文を受けました。

その際に、当時のイギリス皇太子(後のエドワード7世)専用のウイスキーが造られたのです。

数種類のブレンデッドウイスキーの中から、皇太子自ら選び抜かれたのがロイヤル・ハウスホールドでした。その後、国王となったエドワード7世は、ロイヤル・ハウスホールドを正式に英国王室御用達にしたということです。

しかし、このブレンデッドウイスキーのレシピは、実はブキャナン社がオリジナルで造り出したものではなく、アウターヘブリテイーズ諸島にあるローデル・ホテルのオリジナルレシピだったという秘話があります。

逸話

かつて、このウイスキーは世界の3つの場所でしか飲むことができませんでした。
それは、バッキンガム宮殿、スコットランド辺境のヘブリディーズ諸島のハリス島にあるローデル・ホテルのバー、そして日本です。

昭和天皇が皇太子時代にイギリスを訪れ、その際に英王室からプレゼントされたのが縁で、以来、英王室の特別許可により、世界で唯一日本だけが市販を許されている希少な逸品。

この伝統は今でも続いており、「ロイヤル・ハウスホールド」が一般に飲めるのは、世界中で日本だけとなっています。イギリス本国でも、前記のローデル・ホテルのバー以外では飲むことができません。

ウイスキーの買取一覧へ戻る