スキャパの買取・査定

(scapa)

スキャパ(scapa)

基本買取情報

最高買取金額 ¥2,500
※過去最高金額での買取り結果です。

生産情報

生産国      
イギリス
地域
スコットランド
地区 
オークニー島
オークニー
作り手
スキャパ蒸留所

詳細

分類 
スコッチウイスキー
タイプ 
シングルモルト
原材料 
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

スキャパの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

スキャパ(scapa)の特徴

オークニー島に1885年に設立。

ハイランド・パーク蒸留所があることで有名な北海に浮かぶ島、リングロ川沿いの崖の上に立つ小さな蒸溜所です。
スキャパの意味はヴァイキングの言葉で「牡蠣床」という意味を持ちます。

オークニーは古くからスコットランドの島の中でも農業が盛んな場所で、古くから大麦が栽培されていました。
蒸留所の近くにはリングロ・バーンという小川が流れ、仕込み水にはピートがたくさん含まれるこの水を使用しています。

スキャパはほとんどをバランタインのブレンド用に回して、オフィシャルボトルは存在しませんでした。

口当たりは軽く、バニラや蜂蜜を思わせる香りは日本人にも人気のシングルモルト。
しっかりとした余韻を楽しむことができ、かすかに広がる潮の香りが特徴です。

歴史

スキャパ蒸留所は1885年にシェットランド諸島でもっとも大きな島であるメインランドで創業しました。創業時から1994年に一時操業停止となるまで、ほとんど止められることなく稼動されていました。

3年後の1997年に操業が再開されましたが、それも継続的ではなく、隣接しているハイランド・パーク蒸留所の従業員を借りての季節限定での操業しかされませんでした。

大方の見方はオークニーにはハイランド・パーク蒸留所1つで十分であると見られていたためと言われています。

逸話

スキャパ蒸留所は1918年の第1次世界大戦の際にスキャパ・フローに駐在していた英国海軍の兵舎として使用されていたエピソードがあります。ミルルームには兵士たちが作った階段も残されており、英国海軍の思い出の地として知られる蒸留所となっています。

現在スキャパ蒸留所は2004年にアライド・ドメックに買収されシーバス・ブラザーズの傘下となっています。200万ポンドを超える出資を受けて無事操業を再開させることが出来ました。

スキャパ14年はハイランド・パークの芳醇かつスモーキーさと比べると、優しい味わいで甘やかな香りが漂います。ドライフルーツとヒースがふんわりと香り、またかすかにスパイシーフレーバもあります。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ