高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

シャトー・コス・デストゥルネルの買取・査定

(chateau-cos-d`estournel)

シャトー・コス・デストゥルネル(chateau-cos-d`estournel)

生産情報

生産国     
フランス
地方
ボルドー
地区
オードメック
村 
サン・テステフ

詳細

分類     
赤ワイン
ランク 
メドック2級
タイプ 
フルボディ
ブドウ品種
カベルネソーヴィニヨン カベルネフラン メルロー

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

シャトー・コス・デストゥルネルの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

シャトー・コス・デストゥルネル(chateau-cos-d`estournel)の特徴

多くのワインファンに“コス”の呼称で親しまれています。

1852年に、シャトーを拡張し整備するための借金がかさんでしまった為、ルイ・ガスパール・デストゥルネルはシャトー・コス・デス トゥルネルをロンドンの銀行家、マーティンズに売却しました。彼はマーティンズによって引き続きシャトーに住むことを許されて、1853年に亡くなりました。それは1855年のメドック格付けによって、シャトー・コス・デストゥルネルがサン・テステフ最高のシャトーとなって、彼の努力が報われる2年前の出来事でした。

1869年、マーティンズはシャトー・コス・デストゥルネルをバスク地方の貴族、エラズ家に売却します。エラズ家は1889 年にホスタイン兄弟にこの地を売りました。1917年には、ボルドーを代表するワイン商人であったフェルナンド・ジネステ家がコス・デストゥルネルを買い取るのです。そして彼らの孫たち、ジャン・マリー、イヴ、ブルーノ・プラッツがシャトー・コス・デストゥルネルへ受け継いでいます。1998年、プラッツ兄弟は、コス・デストゥルネルをメルロー家、タイヤン・グループのオーナー、そしてモヤノ氏を代表者とするアルゼンチンの投資家たちに売却しました。

また2000年にコス・デストゥルネルは再び売却され、今ではソシエテ・デ・ドメーヌ・レビエの所有となっています。 醸造の指揮を取っているのはフェルナド・ジネステの偉大な孫で、1970年〜1998年までコス・デストゥルネルの経営者でもあったブルーノ・プラッツの息子ジャン・ギョーム・プラッツです。

シャトーはアジアのパゴダのような外観を持ち、ポイヤックとの村境の北西、著名な隣人ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背にあります。

メドックにしては珍しく、コス・デストゥルネルは メルローのブレンド比率が高いこと(約40%)、新樽の比率が平均よりも高いこと(60〜100%)が有名です。肉付きが良く、リッチでテクスチャーなワインに仕上がります。深い砂利質土壌は常に密度 が高く、肉厚なワインを生み、比率の高いメルローがワインの風味を和らげています。 醸造と熟成には常に丁寧に、克つ手間を掛けて、それがメドック最高級のクリュの中でもトップの上品さと複雑性を誇るワインにしているのです。

他の多くのワインと同じ様に、1980年代初めのワインでは、年月とともに徐々に穏やかに熟成する強い樽香が特徴です。欠点のない1982〜1996年の間に(ブルーノの時代)とても早い段階から消費者を魅了し、瓶詰め直後からも魅力的で、壮麗かつ非常に調和のとれたワイ ンを世に送り出すようになるまで、真価を表すには相応の熟成が必要です。

収量をルテ・レゾネ(適度に低く)保つために畑では厳しい剪定が行われています。コス・デストゥルネルをはコンクリート製の、レ・パゴデ・ド・コスはス チール製の発酵槽で醸造されます。事前に10〜15日間の定温浸漬をし、ヴィンテージとフェノール類の完成度に応じて色や風味を引き出します。ワインは オーク樽で18〜22ヵ月間熟成させます。

歴史

シャトー・コス・デストゥルネルのワインは、19世紀の初めから半ばにかけて、ボルドーの誇り高いシャトーのどのワインよりも高額な値がつき、遠くのインドにまで輸出されていました。実際のところ、ルイ・ガスパール・デストゥルネルは、『サン・テステフのマハラジャ』としてインドでも知られていたのです。

逸話

シャトー・コス・デストゥルネルは伝統を守り健全な敬意を保ちながらも、革新的な手法を嫌悪することもなく、常に新しい試みを心がけています。サンテステフで最も有名なシャトーの一つである、シャトー・コス・デストゥルネル。

著名な隣人、シャトー・ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背に畑があり、ラベルにも描かれている中国風の建物を持ち、オリエンタルな雰囲気を醸し出しているサン・テステフの名物シャトーです。現在、第2級といえども第1級に勝るとも劣らないシャトーです。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->