シャトー・ル・パンの買取・査定

(chateau-le-pin)

シャトー・ル・パン(chateau-le-pin)

生産情報

生産国       
フランス
地方
ボルドー
地区
パムロール
パムロール

詳細

分類    
赤ワイン
タイプ
フルボディ
ブドウ品種 
カベルネフラン メルロー

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

シャトー・ル・パンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

シャトー・ル・パン(chateau-le-pin)の特徴

シャトー・ル・パンは、マロラティック発酵をオークの新樽で行っているために多大な労働力が必要になり、年間の生産量はわずか700~900ケースしかなく、非常に高額で取引されているボルドーワインの一つです。

ティエンポン家は畑を購入後、シャトーペトリュスと同様のスタイルを目指し、ワインの造り方を大きく変更しましたが、畑自体には肥料をわずかに加えたぐらいでほとんど手を入れてないということですから、元々畑が持っていたポテンシャルは相当なものだったのでしょう。2haの畑にはカベルネ・フランも植えられておりスパイス程度に使われていますが、基本的にメルローのみから造られています。

その味わいは、ポムロールのワインの中で最もエキゾチックで華やか。絹のように柔らかな口当たりと官能的なボディ、熟したプラム、ラズベリー、燻したハーブ、桜の花のニュアンスが溢れ出し、極度に繊細なタンニンが全体を包み込んでいて、チョコレート、煙草、 花のような風味とともにクリーミーな味わいとなり口いっぱいに広がります。バランスは 完璧。アフターは非常に長い。どちらかといえばサン・テミリオンを連想させる味わいになっています。

ただ、個性的で魅力あるワインであることは間違いないが、トップクラスのクリュの持つ複雑さと深みに今ひとつ欠けるところがあるとも言われています。

余談ではありますが、「ル・パン」の名前は、敷地の中に一本松(フランス語でル・パン) が立っていたことに由来しています。

歴史

ヴュー・シャトー・セルタンを所有するベルギー出身の酒商、ティエンポン家が隣接する小さな畑を1979年に購入。天才醸造家ミシェル・ロランの助言のもとに醸造を行い、少量生産のル・パンとして売り出しました。

逸話

1979年以前、ル・パンの畑はマダム・ルビーという夫人が所有しており、この畑で収穫されたブドウから造られるワインは、すべてポムロールのジェネリックワインとして売られていました。

それをマダム亡き後にティエンポン家が購入。ファーストヴィンテージのリリースから一夜にして高騰したことから、“ポムロールの奇跡”“シンデレラワイン” と呼ばれています。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ