フランス ブルゴーニュ産ワインの買取

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

フランス ブルゴーニュ産ワインの高価買取に力を入れています

フランス ブルゴーニュ産ワイン一覧

DRC グラン・エシェゾー(grands-echezeaux)

最高買取金額

¥140,000

DRCモンラッシェ(montrachet)

DRCエシェゾー(echezeaux)

シャンベルタン/アルマン・ルソー(armand-rousseau)

ムルソー/コシュ・デュリ(coche-dury)

DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン(romanee-st-vivant)

平均買取金額

¥140,000

最高買取金額

¥215,000

買取本数

27本

DRCリシュブール(richebourg)

アンリジャイエ/クロ・パラントゥ(henri-jayer/cros-parantoux)

シャンベルタン/クロード・デュガ(claude-dugat)

シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾ(charlopin-parizot)

ラ・ターシュ(la-tache)

平均買取金額

¥306,500

最高買取金額

¥390,000

買取本数

27本

ルイ・ジャド(Louis Jadot)

平均買取金額

¥17,630

最高買取金額

¥20,500

買取本数

4本

エマニエルルジェ(Emmanuel Rouget)

ドーヴネ(D'Auvenay)

ラモネ(Ramonet)

ヴォギュエ(Comte Georges de Vogüé)

エティエンヌ・ソゼ(ETIENNE SAUZET)

ルフレーヴ(Domaine Leflaive)

DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)(Domaine de la Romanée-Conti)

平均買取金額

¥1,200,000

最高買取金額

¥1,200,000

買取本数

3本

ラ・ロマネ コント・リジェ・ベレール(Domaine du Comte Liger Belair La Romanee Grand Cru)

アンリ・グロ(Henri Gros)

アンリ・ボワイヨ(Henri Boillot)

ポンソ(Ponsot)

平均買取金額

¥22,500

最高買取金額

¥25,000

買取本数

2本

フランス ブルゴーニュ産ワインの買取実績

お酒1本あたりの
平均買取金額

¥3,000

前月の
最高買取金額

¥1,400,000


買取本数実績

1,105本

お買取商品の買取分布

お買取商品の買取分布について

フランス ブルゴーニュ産ワインの平均買取金額で最も多いのは10,000〜29,999円の472本となっており、こちらの割合は全体の42.7%となっています。10,000円以上の買取本数は931本です。

フランス ブルゴーニュ産ワインの最高買取金額

フランス ブルゴーニュ産ワインの最高買取金額について

フランス ブルゴーニュ産ワインの買取金額で最も高いものはロマネ・コンティの1,200,000円で対象商品はロマネ・コンティ 2008年です。2位はDRC ラ・ターシュの390,000円で対象商品はDRC ラ・ターシュ 2015となっております。

フランス ブルゴーニュ産ワインの平均買取金額

フランス ブルゴーニュ産ワインの平均買取金額について

フランス ブルゴーニュ産ワインの平均買取金額で最も高いものはロマネ・コンティの1,200,000円です。2位はDRC ラ・ターシュの306,500円です。3位はDRC グラン・エシェゾーの140,000円となっております。

フランス ブルゴーニュ産ワインの高額買取価格トップ3

DRC ロマネ・コンティ

最高買取金額:¥1,400,000

DRCモンラッシェ

最高買取金額:¥470,000

フランス ブルゴーニュ産ワインの高価買取に力を入れています

フランス・ボルドー地方と双極をなす有名生産地であり、世界一高いワインとして有名な『ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)』なども、このブルゴーニュ地方で造られています。その他の有名生産者として、”ブルゴーニュの神様”と呼ばれている『アンリ・ジャイエ』や、『アルマン・ルソー』『クロード・デュガ』『コシュ・デュリ』など、ここには挙げきれない数の生産者がひしめき合っていることが、この地方の大きな特徴と言えます。

またその他の大きな特徴として、ほとんどの生産者がブドウ品種をブレンドしないで、単一品種を使用したワインを作っています。使われるブドウは、赤がピノ・ノワール、白はシャルドネとなり、同じ品種を使用している分だけ畑や生産者による味の違いが顕著に出やすく、そこが最大の魅力とも言えます。