シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾの買取・査定

(charlopin-parizot)

シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾ(charlopin-parizot)

生産情報

生産国      
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
コート・ド・ニュイ
マルサネ

詳細

分類   
赤ワイン
タイプ 
フルボディ
ブドウ品種
ピノ・ノワール

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

フィリップ・シャルロパン・パリゾ(charlopin-parizot)の特徴

フィリップ・シャルロパン氏は、テロワールの型にはまることなく、凝縮感があり筋肉質なワインを生産してきましたが、1997年以降からはよりエレガントなスタイルへと変化してきました。現在ではブルゴーニュを代表する造り手の1人として名を馳せるフィリップ氏ですが、彼がドメーヌを継いだのは22歳のことでした。

フィリップ氏は、あの“ピノ・ノワールの神様”と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏から指導を受けていた弟子の1人で、愛弟子として可愛がられていたと言われています。当初は、アンリ・ジャイエ氏のアドバイスを常に聞きながらワインを造っていたそうですが、いつしかアドバイスを聞かずに、出来上がったワインをただ持っていくようになったそうです。

フィリップ氏のモットーは、あくまでも自然なワイン造りです。ブドウの栽培には除草剤と化学肥料は使わずに、殺虫剤の代わりにフェロモンカプセルを用いるリュット・レゾネ(減農薬農法)を取り入れました。ブドウの樹齢は極めて高く、エシェゾーにいたっては樹齢70年にも及びます。

完熟ブドウの収穫はもちろんのこと、厳しく選別した果実を除梗した後、1週間に及ぶ低温のマセラシオン発酵を行います。培養酵母の使用と補酸は決して行わずに、その後は瓶詰め直前まで澱引きせず樽熟成されますが、新樽比率が高いこともシャルロパンの特徴として挙げられます。

若いうちは樽香が強く感じられますが、熟成を経てワインのアロマと溶け込み、洗練された奥行きのある味わいに変化していきます。果実味とアロマに溢れ、精妙なフィネスを備えた確固たるシャルロパンのスタイルは、ブルゴーニュの最高峰の一つと言えるでしょう。

歴史

シャルロパンはコート・ド・ニュイにおけるモダンなワイン造りの先駆者であります。1956年生まれのフィリップ・シャルロパン氏は、22歳のときに父アンドレから2ヘクタール弱の畑とドメーヌを引き継ぎ、ワインを造り始めました。

マルサネ、フィサン、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボル・ミュジニー、ヴォーヌ・ロマネに17ヘクタールの畑を持ち、【シャンベルタン】【ボンヌ・マール】【エシェゾー】等の全部で8つのグランクリュを醸造しているのです。

赤のイメージが強いシャルロパンですが、2007年からはシャブリもリリースしています。現在はフィリップ氏の息子、ヤン・シャルロパンが白ワインを担当し、親子でドメーヌを営んでいます。

逸話

フィリップ・シャルロパン・パリゾを造っているフィリップ・シャルロパン氏は、このワインを飲んだアンリ・ジャイエ氏に「まさに私が言いたかったように造っているな」と言わせるほどの実力を身につけるようになりました。そのため、ワイン造りにおいては師であるジャイエ氏の思想が強く見られます。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ