ムルソー/コシュ・デュリの買取・査定

(coche-dury)

ムルソー/コシュ・デュリ(coche-dury)

生産情報

生産国    
フランス
生産者名
ドメーヌ・コシュ・デュリ
地方 
ブルゴーニュ
地区
ムルソー

詳細

分類   
白ワイン
タイプ 
フルボディ
ブドウ品種
シャルドネ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ムルソー/コシュ・デュリの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

コシュ デリ(coche-dury)の特徴

徹底的に濾過にこだわり、頑固なまでの職人気質なコシュ・デュリは、世界的に人気のブルゴーニュ白ワインです。

コシュ・デュリはもともとの生産量が少なく、造ったワインのほとんどがフランス国内の有名レストランに卸されてしまうため、なかなか日本には入ってきません。

さらに、あのロバート・パーカー氏がブルゴーニュの白ワインで100点満点を贈り、DRCの『モンラッシェ』と並び獲得したのがコシュ・デュリのコルトン・シャルルマーニュなのです。

人気が高いのは、何といっても特級のコルトン・シャルルマーニュです。しかしながら、これはすでにかなりの高額で取り引きされるようになっており、なかなか手が届かなくなってしまっています。小売店では見かけることはまずなく、「コシュ・デュリを飲みたければタイユヴァンかトロワグロに行け」と言われるほど手に入れることが非常に難しいワインでもあります。

歴史

ノンフィルターの長期熟成型のブルゴーニュ白ワインを造るコシュ・デュリのワインは、国道74号線近く、ムルソー村中心部から少し離れた所に居を構えており、1920年に設立されました。

設立時は町の中心部にあり、6つの畑の分益耕作から始まりました。少しずつ畑を購入して、特に1940年にドメーヌに入った2代目が所有地を拡大します。

世界でもファンが多く、人気の高いコシュ・デュリのワインですが、ジャン・フランソワ・コシュ氏はそれに胡座をかくことなく、畑第一主義で常にワイン造りに励んでいる生産者なのです。

エピソード

ワインの元詰はドメーヌ設立時から始められていますが、商習慣では、今でも樽の1/3をネゴシアンに売却しています。

3代目の当主、ジャン・フランソワ・コシュ氏は、1964年にグランシャンにあるワイン農業高校を卒業後、すぐにドメーヌに入り、10年間父親の下で働いた後に当主となりました。ドメーヌ名であるコシュ・デュリは氏の苗字と夫人の旧姓から取っています。

ジャン・フランソワ氏が当主となってから大きく変化をもたらしたのは機械類のみで、最低18ヶ月の長期熟成を特徴とする収量を抑えた栽培方法、天然酵母を使用した醸造など初代からのワイン造りを守っています。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ