DRCモンラッシェの買取・査定

(montrachet)

DRCモンラッシェ(montrachet)

生産情報

生産国   
フランス
生産者名
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
地方   
ブルゴーニュ
地区
コード・ド・ニュイ

詳細

分類    
白ワイン
タイプ
辛口
ブドウ品種
シャルドネ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

DRCモンラッシェの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

モンラッシェ (montrachet)の特徴

モンラッシェはDRCが手がけた“世界最高峰の白ワイン”です。モンラッシェでは年間2700本のワインが酒造されています。これは、生産量が少ないことで知られているロマネ・コンティが年間6000本であることに比べ、その1/3しか生産されていない、とても希少なワインです。

味わいは果てしなく豊かで、果てしなく濃密。一口含むだけで体中から香り立つような、素晴らしい芳香があり、限りない深みと優雅さが感じられます。ブルゴーニュの白ワインの中では、最も高価なワインの一つです。

歴史

1869年に現在の当主であるオベール・ド・ヴィレーヌ家がドメーヌを買収し、自身の所有していたリシュブール、エシェゾー、グランエシェゾーに続き、1933年にラ・ターシュ、1946年にロマネ・サンヴィヴァン、1963年にモンラッシュの畑へと次々に拡大していきました。

DRCは2000年続く長い歴史の中で、「伝統」を受け継いできました。

現在では改良による改良、また科学の進歩などにより、最高の技術をワイン造りに生かすことができます。しかし、ワイン造りの基本はやはり「伝統」に帰るのです。伝統を受け継ぎながら科学的技術などを取り入れ、自然が施して与えてくれた素晴らしい力を敬い、ワイン造りを進めていくことが重要です。

エピソード

逸話としてはアレクサンドル・デュマと言うフランスの小説家が「脱帽し、ひざまずいて飲むべし」という大絶賛の言葉を送ったことが有名です。

モンラッシェは、これ以上はないというほど完熟した実から造られ、若いうちはとても豊潤ですが、長い年月が過ぎるごとにとても調和がとれ、その他のモンラッシェがかすんでしまうほどのワインとなります。

ただし、唯一の欠点はあまりにも高いことです。値段を見ると、王のワインと言われているいわれがよく分かります。残念ながら一般のワインのファンがやすやすと手出しすることができないのです。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ