サッシカイアの買取・査定

(sassicaia)

サッシカイア(sassicaia)

基本買取情報

最高買取金額 ¥16,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥9,000
買取本数 52本

生産情報

生産国      
イタリア
地方
トスカーナ
地区
ボルゲリ
ボルゲリ

詳細

分類    
赤ワイン
タイプ
フルボディ
ブドウ品種 
カベルネソーヴィニヨン カベルネフラン

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

サッシカイアの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

サッシカイア(sassicaia)の特徴

サッシカイアは、ティレニア海に面したトスカーナ州マレアンマ地方のボルゲリ地区にあります。テヌータ・サン・グイドという農園ではブドウ畑だけでなく、オリーブ畑や野菜畑も混在しており、ブドウは広大な土地から作られる農作物の一つです。

イタリアのワイン法では、昔からその土地で栽培されてきたブドウ品種を用いるワイン造りが基本とされているために、格付けにおいてもワインの質よりブドウの品種による基準が重視される傾向にありました。しかし、ボルドースタイルを目標とした「ノーブル(高貴)なワイン」を造ることを考えていたのが、サッシカイアの先代の運営者である故マリオ・インチーザ・デラ・ロケッタ氏でした。

氏はシャトー・ラフィット・ロートシルトのオーナー、ロスチャイルド男爵と競馬を通じて親交をもっており、ボルドースタイルのワインを造りたいという思いに応える形でロスチャイルド男爵がプレゼントしたブドウから全てが始まりました。

その味わいは、ミディアムボディでハーブ、タバコ、ダークチェリー等の控えめでデリケートな香り。ワインは有無をいわさぬほどのバランスの良さと、最初から最後まで流れる素晴らしい香り、確かなフィネスと酸を感じさせます。

ちなみに、サッシカイアとはトスカーナの方言で「石の多い土地」という意味。

歴史

1948年から1960年までの間、サッシカイアは家族のためだけのワインとなっていました。

しかし、段々と評判が広まっていき、1965年に畑を拡大、1968年にはメジャーに向けてファーストヴィンテージのリリースと注目を集め続け、1978年にロンド ンで開催された試飲会で並み居るグランヴァンを押さえ、カベルネ部門第1位を獲得しました。

逸話

カベルネ部門で第1位に輝いた後、スーパートスカーナワインが世界中でブームを巻き起こします。

また、厳格な法律に縛られ、質よりワイン法の遵守を重要視していたイタリアワイン界にも一大ムーブメントを起こし、1994年にはサッシカイアのブドウ品種、熟成期間に合わせた新しいDOC「DOCサッシカイア」までイタリア政府がつくったという、まさに伝説的なワインでもあります。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ