エチュードの買取・査定トニー・ソーター

(etude)

エチュード(etude)

生産情報

生産国    
アメリカ
地方
カリフォルニア
地区
カーネロス

詳細

分類    
ワイン
タイプ
ミディアムタイプ
ブドウ品種 
ピノ・ノワール、シャルドネ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

エチュードの買取なら、お任せください!

1本でもお酒を高く売りたい方は今すぐお電話で無料査定を!

今すぐ電話査定する

上のボタンをタップするとフリーダイヤルで電話できます
お電話の場合、最短の査定時間はたった30秒です!

無料査定フォームはこちら

業界最高値 買取宣言!もしも他社より買取価格が1円でも安かった場合は、お電話でお知らせ下さい。業界最大手として、他社に負けないように頑張らせていただきます!

はじめての方へ

この商品に関連した
商品カテゴリを見る

エチュード(etude)の特徴

「エチュード」は「カリフォルニアで最も成功した人物の一人」として呼び声高いトニー・ソーター氏が設立したワイナリーです。1973年の「スタッグス・リープ」のボトリングから始まり、「マヤ」「ルビコン」「シェーファー」などの数々のカルトワインをプロデュースしていきました。

カルトワインとは、もともとは高品質少量生産の希少性の高いワインのこと。一部の熱狂的なファンからの支持が厚く、入手しづらいものを指しており、他にも「スクリーミング・イーグル」「ハーラン・エステート」など、主にカルフォルニアワインに多く見受けられます。

「エチュード」という名前の由来は、「練習」や「訓練」などといった言葉で、試行錯誤してより良いワインを造っていくというトニー・ソーター氏のワイン造りへの強い意思の現れでもあります。

彼は80年代にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで多くのワイナリーを手掛けており、「エチュード」ではその培ったノウハウを十分に発揮しています。「トニー・ソーター氏が携わったワインにハズレなし」と言わしめるほど完成度の高いワインです。

これまでは「アラウホ」「スポーツウッド」「ダラ・ヴァレ」などのワインのコンサルティングをしていた彼が、1990年代半ばから徐々にコンサルティング業務を減らし、心血を注いだのがこの「エチュード」造りです。

しかし、より良いピノ・ノワールを求めてワイナリーを売却。故郷のオレゴン州に戻り、新しくワイナリーを立ち上げて精力的に活動しています。ただ、現在でもアドバイザーとして「エチュード」のワイン造りに携わるなど、飽くなき探究心から最前線で活躍する、世界を代表する醸造家の1人として知られています。

歴史

カリフォルニアワインの特に一部のファンから熱狂的な人気を誇っているワイナリー「エチュード」。それは「カリフォルニアで最も成功した人物の一人」と言われているトニー・ソーター氏が設立したワイナリーです。

彼は「エチュード」に携わる前には「マヤ」「ルビコン」「シェーファー」などのワインのプロデュースをしていました。彼がプロデュースしたワインは後に「カルトワイン」と呼ばれ、熱狂的なファンに支持され続けています。

彼はカリフォルニアのナパ・ヴァレーで多くのワイナリーを手掛けた後、自らのワイナリーである「エチュード」を立ち上げました。「エチュード」には「練習」「鍛錬」「訓練」などの意味があり、試行錯誤をしてより優れたワインを造っていこうという意味が込められています。

トニー・ソーター自身は大学で哲学を学んでいて、ワイン造りを正式に学んだことはないそうです。しかし、ナパのワイナリーを渡り歩き修業を重ねて、コンサルタントを開始。その後、エチュードを造ろうと思ったきっかけは、オークビルから余っているピノ・ノワールを買った事です。

その後、ピノ・ノワールを主な品種として栽培を続けています。

1990年代後半から少しずつコンサルタント業務を減らし、本格的にエチュードを造ることに集中していましたが、新しいワイナリーを造っては売却を繰り返しており、その類まれなる探究心が新たなワインを生み出しているのかもしれません。

「ワイン醸造」と「ブドウ栽培」のスキルが高く、時には「神様」とまで言われている程です。

現在ではワイン造りとブドウ栽培は分業して、それぞれ管理者を置くことが多いのですが試行錯誤を繰り返して常に高品質なワイン造りを続けているトニー・ソーター氏は他の多くの醸造家が見習うべき人物として崇められています。

逸話

トニー・ソーター氏は「ワイン醸造」と「ブドウ栽培」のスキルが高く、時には「神様」「カリフォルニアで最も成功した醸造家」とまで言われ、同じ醸造家から崇められています。

彼がプロデュースしたワインは高品質少量生産のため、熱狂的なファンが多く「カルトワイン」として有名になります。

「スタッグス・リープ」のボトリングから始まり、「マヤ」「ルビコン」「シェーファー」などの数々のカルトワインをプロデュースしていきました。

その後ワインのコンサルタントとして携わっていたのですが、コンサルタント業務を削ってまでエチュード造りに励んでいきます。「エチュード」という名前には「練習」や「訓練」などといった意味があり、試行錯誤してより良いワインを作っていくという強い意思が感じられます。

そんなトニー・ソーター氏が造る「エチュード」は日本でも人気が高く、なかなか手に入れることが難しいワインとなっております。

ワインの買取一覧へ戻る


上へ戻る