オーパスワンの買取・査定

(opus-one)

オーパスワン(opus-one)

基本買取情報

最高買取金額 ¥32,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥29,000
買取本数 22本

生産情報

生産国    
アメリカ
地方
カリフォルニア
地区
ナパ・ヴァレー

詳細

分類    
赤ワイン
タイプ
フルボディ
ブドウ品種 
カベルネソーヴィニヨン カベルネフラン メルロー マルベリック プティヴェルド

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

オーパスワンの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

オーパスワン(opus-one)の特徴

今や、高級カリフォルニアワインの代名詞となったオーパスワン。 初ヴィンテージがリリースされたのは1979年で、その生産量はわずか2000ケース。小売価格は50ドルで当時最も高価なカリフォルニアワインでした。 気候条件によるブドウ栽培への影響が少ないとされるカリフォルニアワインですが、オーパスワンではブドウの状態により毎年セパージュを変更し、品質の安定に努めています。 また、60haの畑に対し21人もスタッフを雇い、年間を通じて丁寧なケアを維持しています。 ブショネ対策が厳しいことでも知られ、マグナム0%、その他のボトルで1%以下という驚異的な数字を記録しています。(通常のワインは5%くらい) その味わいは、バラやスミレを連想させる花の香りに始まり、ブラック・チェリーやクレーム・ド・カシス、プラムなどの魅力的な果実味、甘草、フルーツケーキ、バニラ、シナモン、モカなど、全体に調和したエレガントで芳醇な香りが豊かに広がり、活き活きとした 酸味と、サテンのような感触の滑らかなでまろやかなタンニンが舌を包み込みます。アフ ターは黒オリーブ、ダークチョコレート、クローブのニュアンスで非常に長く続きます。

歴史

オーパスワンの誕生のきっかけは、1970年にハワイでの会見で、フランスの名門シャトームートンロートシルトのオーナー“バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド”が、当時カリフォルニアでのワイン造りに成功していた“ロバート・モンダヴィ” に「何か一緒にできないか」と声を掛けたことです。 その二人を象徴するように、エチケットには二人の横顔とサインが描かれています。向かって右がバロン・フィリップ 左がロバート・モンダヴィです。横顔の下にあるイナズマの様なものはアイデアを表していて、アイデアがバロン・フィリップからモンダヴィへ交互に繋がっている様を表しています。

逸話

日本では銀座の高級クラブなどに行ってもボルドーの格付けシャトーがないということも多いが、オーパスワンだけは必ず置いてあるというくらいのブランドネームを確立しています。 名前の由来は、「一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ」という考えのバロン・フィリップが命名。音楽用語で「作品番号1番」を意味しています。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ