高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

オーバーチュアの買取・査定

(Overture)

オーバーチュア(Overture)

生産情報

生産国    
アメリカ
地方
カリフォルニア
地区
ナパ・ヴァレー

詳細

分類    
赤ワイン
タイプ
フルボディ

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

オーバーチュアの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

オーバーチュア(Overture)の特徴

ボルドーワインの王者でもあり、不変のメドック格付けを覆した「シャトー・ムートン・ロートシルト」のフィリップ・ド・ロートシルト男爵と、アメリカ ナパワインを代表する、カルフォルニアワインの父「ロバート・ モンダヴィ・ワイナリー」のロバート・モンダヴィの最強タッグによる、ジョイントベンチャーとして生産されたオーパスワンのセカンドワインである、「オーバーチュア」。

「オーパスワン」は、音楽用語で作品番号一番と言う意味で、「一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなもの」とロートシルト男爵が命名しました。そして、「オーバーチュア」の意味は、音楽用語で序曲と言う意味です。

オーバーチュアは、他のセカンドワインに比べて希少価値の高いものになります。生産量が極めて少ない上に、オーパスワンのワイナリーのみの販売、加えて毎年造られるわけではないので、ノンヴィンテージとなります。この極めて入手が難しい為に、市場で出回る価格は高騰する一方です。

カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、メルロー、プチ・ヴェルド、マルベックと言うブドウ構成で、クラシックなボルドーになっています。フレンチオークの新樽に熟成され、オーパス・ワンと同じブドウ、製造法で作られます。若くても非常に飲みやすく、芳醇で濃厚な果実味と優しい舌ざわりで多くのワイン愛好家から好まれています。

歴史

1970年ハワイで、カリフォルニアワインで成功をおさめ、カルフォルニアワインの父とも呼ばれるロバート・モンダヴィ氏が、名門ロートシルト家のメンバーでもあり、ボルドーワインの偉大な功績を積むフィリップ・ド・ロートシルト男爵に話を持ち掛けたのが始まりです。

歴史の幕が開いたのは1979年。ワインとしては、まだまだ日の浅い歴史ですが、二大巨匠の夢を込めた初のヴィンテージが産声を上げました。その翌年にジョイントベンチャーを公表しました。

1981年第一回のナパヴァレー・ワインオークションでこのジョイントベンチャーのワインは、なんとカリフォルニアワインの史上最高価格1ケース2万4千ドルで落札されました。

翌年1982年には、ラベルのデザインに取り組み、二人の力が平等なこと、どちらかに偏らないことを誓い、二人の横顔を象ったラベルを採用し、ジョイントベンチャーの表記を英語圏とフランス語圏のどちらにもなじみやすいようにラテン語に、そして、音楽用語の「オーパス」に一言加えて「オーパスワン」と命名しました。

1979年と1980年のヴィンテージは、オーパスワンの最初の発売として、1984年に同時にリリースされ、アメリカ初のウルトラプレミアムワインとなりました。フィリップ・ド・ロートシルト男爵が亡くなられた後、娘のフィリピーヌ・ド・ロートシルト夫人が後を継ぎ、同年1985年にオーパスワンは、世界に羽ばたきます。フランス、イギリス、ドイツ、スイスでウルトラプレミアムクラスの初のカリフォルニアワインとして輸出が始まります。

こうして、世界中に広まり、愛される存在となった現在でも、二人の巨匠の夢は変わらず次の世代へと継承されています。

2005年、コンステレーション・ブランズ社は、ロバートモンダヴィ・コーポレーションを買収し、オーパスワンの50%を所有することになりましたが、フィリピーヌ・ド・ロートシルト夫人とコンステレーション・ブランズ社長ロバート・サンズとの間で結ばれた、オーパスワン協定。

これは、オーパスワンの栽培、国内・海外での販売、運営といった3つの主要分野において、オーパスワンが完璧な経営の独立権を持つと言うものですが、いかに買収されようとも変わらぬワイン造りとホスピタリティが守られ続けると言う約束の証とも言えるでしょう。

逸話

「オーバーチュア」のファーストラベル「オーパスワン」は、日本で最も有名なカリフォルニアワインですが、オーパスワンのファンとして有名なのが、読売ジャイアンツの村田選手です。プレーで成功した時にオーパスワンで祝杯を上げるそうです。同じ野球界では、工藤監督、その他著名人ですと、ソフトバンクグループ創業者孫正義氏やXJAPANのYOSHIKIなど多くのセレブに愛されています。

また、ワイン評価に於いても、ジェームス・サックリング97点、ワイン・アドヴォケイト96点、ワイン・スペクテーター93点と、どこも高評価です。

そんな高評価が多い「オーパスワン」の幻のセカンドともなると、喉から手が出るほどの代物。オーパスワンのワイナリーのみの販売の上、いつも生産されるとは限らないワイン。そしてオーバーチュアをワイナリーで購入すると45ドル前後の価格も、遠く日本へ渡る頃には、価格が2万円越えます。

この高額でも、売り切れていることが多く、飲みたくても飲めないのが現状です。そして、益々高騰するとも言われている今だからこそ手に入れておきたい逸品です。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

関連商品


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->