オーバーチュアの買取・査定

(Overture)

オーバーチュア(Overture)

基本買取情報

最高買取金額 ¥12,500
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥12,000
買取本数 9本

生産情報

生産国    
アメリカ
地方
カリフォルニア
地区
ナパ・ヴァレー

詳細

分類    
赤ワイン
タイプ
フルボディ

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

オーバーチュアの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

オーバーチュア(Overture)の特徴

ボルドーワインの王者でもあり、不変のメドック格付けを覆した「シャトー・ムートン・ロートシルト」のフィリップ・ド・ロートシルト男爵と、アメリカのナパワインを代表するカルフォルニアワインの父「ロバート・ モンダヴィ・ワイナリー」のロバート・モンダヴィとの最強タッグによるジョイントベンチャーとして生産された、オーパスワンのセカンドワインである「オーバーチュア」。

「オーパスワン」は、音楽用語で作品番号一番と言う意味で、「一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなもの」とロートシルト男爵が命名しました。そして、「オーバーチュア」の意味は、音楽用語で序曲と言う意味です。

オーバーチュアは、他のセカンドワインに比べて希少価値の高いものになります。生産量が極めて少ない上に、オーパスワンのワイナリーのみの販売、加えて毎年造られるわけではないので、ノンヴィンテージとなります。このように極めて入手が難しいために、市場で出回る価格は高騰する一方です。

カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、メルロー、プチ・ヴェルド、マルベックと言うブドウの構成で、クラシックなボルドーになっています。フレンチオークの新樽に熟成され、オーパス・ワンと同じブドウ、製造法で造られます。若くても非常に飲みやすく、芳醇で濃厚な果実味と優しい舌ざわりで多くのワイン愛好家から好まれています。

歴史

1970年、ハワイにてカリフォルニアワインで成功を収めた、カルフォルニアワインの父とも呼ばれるロバート・モンダヴィ氏。同氏が名門ロートシルト家のメンバーでもあり、ボルドーワインの偉大な功績を積むフィリップ・ド・ロートシルト男爵に話を持ち掛けたのが、このワインの始まりです。

歴史の幕が開いたのは1979年。ワインとしてはまだまだ日の浅い歴史ですが、二大巨匠の夢を込めた初のヴィンテージが産声を上げました。その翌年にジョイントベンチャーを公表したのです。

1981年、第1回のナパヴァレー・ワインオークションで、このジョイントベンチャーのワインは、なんとカリフォルニアワインの史上最高価格である1ケース2万4千ドルの価格で落札されました。

翌年1982年には、2人の力が平等なこと、どちらかに偏らないことを誓い、2人の横顔を象ったラベルを採用しました。ジョイントベンチャーの表記を英語圏とフランス語圏のどちらにもなじみやすいようにラテン語にして、さらに音楽用語の「オーパス」に一言加えて「オーパスワン」と命名しました。

1979年と1980年のヴィンテージは、オーパスワンの最初の発売として、1984年に同時にリリースされ、アメリカ初のウルトラプレミアムワインとなりました。フィリップ・ド・ロートシルト男爵が亡くなられた後、娘のフィリピーヌ・ド・ロートシルト夫人が後を継ぎ、同年1985年に、オーパスワンは世界に羽ばたきます。フランス、イギリス、ドイツ、スイスでウルトラプレミアムクラスの初のカリフォルニアワインとして輸出が始まったのです。

こうして世界中に広まり、愛される存在となった現在でも、2人の巨匠の夢は変わらず次の世代へと継承されています。2005年、コンステレーション・ブランズ社は、ロバートモンダヴィ・コーポレーションを買収し、オーパスワンの50%を所有することになりました。フィリピーヌ・ド・ロートシルト夫人とコンステレーション・ブランズ社長ロバート・サンズとの間で結ばれた、オーパスワン協定。これは、オーパスワンの栽培、国内・海外での販売、運営といった3つの主要分野において、オーパスワンが完璧な経営の独立権を持つというものですが、いかに買収されようとも変わらぬワイン造りとホスピタリティが守られ続けるという約束の証とも言えるでしょう。

逸話

「オーバーチュア」のファーストラベル「オーパスワン」は、日本で最も有名なカリフォルニアワインですが、オーパスワンのファンとして有名なのが、読売ジャイアンツの村田選手です。プレーで成功した時にオーパスワンで祝杯を上げるそうです。同じ野球界では、工藤監督、その他著名人ですと、ソフトバンクグループ創業者孫正義氏やXJAPANのYOSHIKI氏など多くのセレブに愛されています。

また、ワイン評価においてもジェームス・サックリング97点、ワイン・アドヴォケイト96点、ワイン・スペクテーター93点と、どこも高評価です。

そんな高評価が多い「オーパスワン」の幻のセカンドともなると、喉から手が出るほどの代物。オーパスワンのワイナリーのみの販売である上、いつも生産されるとは限らないワイン。そしてオーバーチュアをワイナリーで購入すると45ドル前後の価格も、遠く日本へ渡る頃には価格が2万円を越えます。

これほど高額でも売り切れていることが多く、飲みたくても飲めないのが現状です。そして、ますます高騰するとも言われている今だからこそ、手に入れておきたい逸品と言えるでしょう。

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ