ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラの買取

参考買取価格
¥50,000

生産情報

フランス
地域
コニャック

詳細

等級
-
  • 特徴
    ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラは、ヘネシー社から発売されたコニャックのギフトボックス「ノスタルジー・ド・バニョレ」のミニサイズ・ボトル版になります。オリジナルのノスタルジー・ド・バニョレでは、風景画を背景にバカラ社製のデキャンタを飾っておける仕様となっていましたが、こちらは白色の化粧箱に500ml入りのボトルが収められています。
    このコニャックは、ヘネシー社の8代目当主となるモーリス・ヘネシーの就任から間もなく、1980年代半ばに発売されたものです。化粧箱とボトルには、それぞれエクストラの表示があり、外箱下部にはExtra Rare Cognacと筆記体で記されています。また、冊子が封入されており、このギフトボックスが1セットずつ個別にチェックされたものであることが書かれています。
    使用されているぶどうの品種は、ユニ・ブランがメインです。貯蔵されていた原酒の中でも古いもの、取り分けプティット・シャンパーニュとグランド・シャンパーニュの2地区のぶどうから製造されたものが、ブレンドの際に使われています。



    アルコール度数は40%で、液体の色はボックスの中では深い琥珀色をしていますが、光にかざすとやや金色がかったブラウンになります。ほんのりと赤みがかっても見え、熟成が長期に渡っていることが分かるでしょう。深いアロマ感と、なめらかな舌触りを持つコニャックで、オーク樽の香りが良く移っています。



    香りは複雑ですが、濃いオレンジなど熟したフルーツ類の特徴が強く出ています。また、飲み口がスムースで、すんなりと喉の奥へと染み通っていきます。果実のグラッセのような甘さの中に、バニラや、オーク樽から来る木の香りなどが混ざっています。味わいが深く、長く続くのも特徴です。古びた革の香りや、スパイシーなシナモンの成分が舌先にじわりと伝わってきます。



    ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラは、免税店の消費者向けに発売されていましたが、現在では販売が終了しています。限定生産されたギフトボックスだったこともあり、中々手に入りにくいものとなっています。
  • 歴史
    コニャックの老舗ヘネシー社は、1765年のフランスで設立されました。時は、ルイ15世が国王となるブルボン王朝の時代です。ヘネシー社のブランデーは日本でも古くから愛飲されていて、最初に輸入されたのは19世紀後半のことでした。
    創業者であるリシャール・ヘネシーは、アイルランド出身の人物です。新天地を求めてフランスへと渡ってきた彼は、ルイ15世の近衛兵として士官することになります。コニャック地方への赴任が決まったのは1750年のこと、そこで彼はコニャックと呼ばれる味わい深い蒸留酒の存在を知ります。コニャックの魅力に憑りつかれた彼は、退官後もこの地に留まって、ぶどう栽培とブランデーの製造を続けることを選んだのでした。
    ヘネシー社は、18世紀後半には新大陸アメリカへと出荷され、その地で高い評価を得ます。続けて、ロシアや中国など、次々に販路を広げていったヘネシーは、ついに東洋の島国日本へと至ったのでした。また1817年には、同社のフラグシップとなるブランドV.S.O.P.が誕生しています。
    ブランデーの格付けを制度を始めたのもヘネシー社です。現在、コニャックにはX.O.やナポレオンなど様々な等級がありますが、ナポレオン三世が皇帝であった時代、星の数によってコニャックの品質を保証するという方法を初めて導入しました。エクストラ・オールドを表すX.O.の表記は、4代目当主となったモーリス・ヘネシーが1870年に考案したものです。
    生産と経営の分業体制を早くから取り入れていることも、ヘネシー社の特色の一つです。19世紀最後の年、エミール・フィユーがヘネシー社のコニャック製造に加わり、以後8代に渡って代々マスター・ブレンダーを務めていくことになります。フィユー家の7代目となるヤン・フィユーは、1966年にヘネシー社のマスター・ブレンダーに就任しました。彼は、25万樽にも及ぶコニャックの原酒の管理を行うことになったのです。
    ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラは、ヘネシー社のゲストハウス「シャトー・ド・バニョレ」にその名を因んでいます。この貴重なコニャックも、ヤン・フィユーがブレンドに使う原酒を厳選したもので、1985年から1994年ごろまで販売が行われていました。
  • 逸話
    ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラの命名の由来ともなったシャトー・ド・バニョレは、ヘネシー社が所有している白亜のゲストハウスのことです。ヘネシー社がこの屋敷を手に入れたのは19世紀半ばで、ノスタルジー・ド・バニョレの外箱やボトルにも、この館のデザインが施されています。
    ノスタルジー・ド・バニョレのレギュラー版ボトルには、バカラ社のクリスタル製デキャンタが使われています。このデキャンタの形にはモチーフがあり、元はシャトー・ド・バニョレでゲストたちをもてなす際に使用されていたものです。
    オリジナルを製作したのは、シャンパーニュ地方にあるガラス工房クリスタレリー・ローヤル社です。現在も、バイエル地区でクリスタル製品の製造を行っています。
    このように、ノスタルジー・ド・バニョレ シリーズは、ヘネシー家のファミリー・リザーブやプライベート・リザーブなどを想起させるものとなっています。ファミリー・リザーブというのは、コニャックの生産者がゲストや友人たちを招いた時に振る舞われる、特別に造られた酒のことです。
    このシリーズの原酒の選定を行ったのは、7代目マスター・ブレンダーのヤン・フィユーです。フィユー家では、初代エミールの頃からヘネシー社のコニャック製造に携わっていて、創業100年の折にも特別なレシピによるコニャックのブレンドを手がけています。
    この時のコニャックの味は、後にヘネシー社の限定製品「プライベート・リザーブ」として、再現されることになりました。プライベート・リザーブのブレンドを行ったのも、同じくヤン・フィユーです。そのラベルには、創業100周年当時のデザインがそのままで使われています。
    ノスタルジー・ド・バニョレ シリーズは、その先駆けとも呼べる、古い年代の原酒のみから造り出されているコニャックです。「プライベート・リザーブ」が生み出されるまでには、様々な試行錯誤が重ねられたと言いますが、「ノスタルジー」というネーミングの中にも、往時への哀愁とともに、伝統への強いこだわりを見て取ることが出来るでしょう。
    現在、ヘネシー社のマスター・ブレンダーは、8代目となるルノー・フィユー・ドゥ・ジロンドへと引き継がれています。彼はヤンの甥で、直系ではなくなりましたが、ヘネシー家とフィユー家による強い絆と二人三脚体制は、こうして今もなお健在です。

ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラの
買取実績

ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ エクストラを
買取った
お客様の声

  • 納得できる取引ができた(投稿者:63代男性)

    総合評価
    6
    サービス
    買取価格
    スピード
    店舗の環境
    今後も利用したいか
    非常にそう思う
    買取方法
    店頭買取(お酒買取専門店 ファイブニーズ 神奈川横浜店)
    お酒売却のきっかけ
    在庫処分
    ファイブニーズにした理由
    対応が良かった

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー16F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー16F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください