響 21年の買取

参考買取価格
¥74,000

生産情報

日本
地域
-

詳細

生産者
サントリー
タイプ
ブレンデッド
  • 特徴
    響21年は、サントリーが所持する山崎蒸溜所、白州蒸留所、知多蒸留所の厳選された原酒をブレンドしたジャパニーズウイスキーです。

    響という名称は、それぞれの原種が共鳴し素晴らしいハーモニーを奏でるかのごとく、見事なバランスでブレンドされたブレンデッドウイスキーを目標とするために名付けられました。そのバランスは、まさに至高と言っても過言ではありません。樽で21年以上熟成された個性豊かな原酒がブレンドされていることから、華やかな樽の香りや、レーズンのような甘酸っぱさ、ミズナラの伽羅香のような香りなど、複数の香りが複雑に絡み合って、絶妙なハーモニーを奏でています。

    「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」「ワールド・ウイスキー・アワード」などの国際コンテストで最高評価を受けていることもあり、そのことにも納得のいく味が響21年には感じられます。日本人にとって飲みやすいまろやかな口当たりで、飲むと香ばしい香りが口の中に広がります。飲み方としては、響の複雑に絡み合ったハーモニーを楽しむために、まずはストレートで飲むのがおすすめです。そして、ロックで飲めば深い香りを楽しむことができます。

    氷で冷やされることにより、香りがゆっくりと口の中で開いていき、絶妙なハーモニーを味わうことができます。水で少し割ってみるのも、香りに広がりが感じられ、また違った味わいが楽しめます。ウイスキーブームが始まる以前は、あまり注目されていなかったウイスキーでしたが、今となっては最高品質のジャパニーズウイスキーとして有名です。高価で取引され、入手するのが難しいほどの人気となりました。その人気の理由は、サントリーが育ててきた3つの蒸留所で長年熟成された、厳選された原酒が使われていることにあります。サントリーが長年培ってきたウイスキーの製造方法と、受け継がれているマスターブレンダーのテイスティング技術によってブレンドされた響21年だからこそ、万人の人に評価されるウイスキーとなったのでしょう。
  • 歴史
    響21年は、当時二代目のマスターブレンダーであった佐治敬三と、チーフブレンダーであった稲富幸一によって生み出されました。佐治敬三が響を造り始めたのは、サントリーが創業90周年を目前にしていたことがきっかけでした。

    サントリーの創業90周年と同時に、サントリーの技術を集結した最高の傑作ウイスキーを出したいという考えから、チーフブレンダー稲富幸一と共に最良の原酒のみをブレンドした至高の一品を造り始めます。

    稲本幸一は、長年ヴィオラの演奏に親しんでおり、当時好きだったブラームスの交響曲第一番第四楽章をイメージしながら原酒を厳選しました。山崎蒸留所や白州蒸留所、知多蒸留所などのサントリー有数の蒸留所が生み育ててきた原酒の中から、最高のハーモニーを生み出すであろう原酒を厳選することによって響21年は完成しました。響17年では、中心となるキーモルトとしてミズナラ樽で熟成されたモルトが使用されていましたが、響21年はキーモルトとして「山崎シェリー樽原酒」が選ばれました。

    シェリー樽で造られた原酒が持つ独特の風味を活かすことを一番に考え、見事なブレンドによって、風味を最大限に引き出すようなハーモニーが生まれました。そのためか、響21年にはシェリー樽によるまろやかでフルーティーな香りが感じられます。初代マスターブレンダーである鳥井信治郎が造り上げた、日本特有の香りが立つ原酒の数々が、二代目のマスターブレンダーである佐治敬三によって、美しく共鳴しあう見事なジャパニーズウイスキーとして完成され、1994年に響21年として発売されました。

    鳥井信治郎、佐治敬三と受け継いできたマスターブレンダーですが、今では三代目の鳥井信吾が受け継ぎ、より豊かな香りのする至高のジャパニーズウイスキーを目指し研鑽し続けています。今後響のようなブレンデッドウイスキーが登場してくるのでしょう。そんな歴史ある「響き21年」は、一度は味わってみたい最高品質のジャパニーズウイスキーと言えるのではないでしょうか。
  • 逸話
    響21年はその香りや味だけでなく、ボトルにもこだわりがあり、有田焼や九谷焼などの伝統工芸品が使われた「スペシャルボトル」も販売されています。日本が誇る伝統の職人技によって、美しい色彩やデザインで作られた有田焼や九谷焼によるボトルは、響21年の最高品質と相まって素晴らしい出来となっています。

    響21年は味覚や嗅覚だけでなく、視覚にも美しく、五感全てに響く芸術的なジャパニーズウイスキーといえるでしょう。有田焼、九谷焼とのコラボレーションは2001年から始まっています。一番最初に発売されたのは、有田焼の「色絵松鶴梅鶉文八角瓶」と呼ばれるボトルで、八角の緩やかな面が特徴的な首の細い瓶に、松や鶴、梅、鶉などの日本の伝統的でめでたい絵柄が描かれています。

    有田の磁器陶芸家最高峰とされる「酒井田柿右衛門」の名品を参考に制作されたオリジナルのボトルです。有田焼のものと同時に九谷焼の「古九谷風駿馬文瓶」と呼ばれるボトルも発売されました。このボトルには九谷焼の五彩と呼ばれる藍・黄・赤・緑・紫の五色を駆使して、2002年の干支でもある馬が描かれています。疾走する馬の群れが鮮やかな五彩によって表現されており、響21年の味の深みや力強さがボトルから伝わってきます。

    2002年以降にも数々の巨匠・名匠が響21年のボトルを製作しており、2014年には、有田焼を380年以上も継承し続けている、名門である岩尾對山窯が製作を担当しました。また、九谷焼の巨匠である三浦銀三も、孔雀を描き上げた綺麗なデザインでボトルを作り上げています。

    数々の巨匠・名匠が製作したボトルは2001年から始まり、その種類は28種類にも及んでおり、その全てが完売するほど人気があります。響21年にはウイスキーとして飲んで楽しむ以外にも、その美しいボトルを鑑賞する楽しみもあります。巨匠・名匠が作ってきたボトルの趣を味わえるのも、響21年の良い所の1つなのではないでしょうか。

響 21年の
買取実績

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー16F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー16F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください