高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
自動の確認メールが届きます
郵便番号(必須)
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
お電話番号(必須)
お酒の銘柄 #1(必須)
容量 #1
不明や該当するものがない場合は特記事項にご記入ください
特記事項 #1
本数、付属品の有無、状態、年代など、わかる範囲でご記入ください
   
当サイトを知ったきっかけ(必須)
サービス向上の為、ご協力お願い致します
買取メルマガ購読
ご要望など
連絡希望時間などございましたお知らせください

×

ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイの買取・査定

(Dom Perignon Reserve de L'Abbaye)

ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイ(Dom Perignon Reserve de L'Abbaye)

生産情報

生産国
フランス
地方
シャンパーニュ
地区
エペルネ

詳細

分類
スパークリングワイン(白)
タイプ
辛口
ブドウ品種
ピノ・ノワール、シャルドネ

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイ(Dom Perignon Reserve de L'Abbaye)の特徴

ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイは、いわゆるドンペリ・ゴールドとも呼ばれている、熟成期間の長い高級シャンパンです。ボトルには、美しいシャンパンの液体を思わせる金色のラベルが張られていて、数あるドン・ペリニヨンの中でも上級のブランドとされています。また、母国フランスと日本以外ではほとんど販売されていないという珍しさも、このシャンパンの価値を高めています。

 
レゼルブ・ド・ラベイの特徴は、二次発酵中の澱引きをあえて行っていないことで、約20年もの間ワインセラーのなかで寝かされます。これによって、酵母の旨みまでが引き出されたこくのある芳醇なシャンパンとなるのです。シャンパンを熟成させるための酵母はブリオッシュやトーストに似た香味成分を持ち、それがこのレゼルブ・ド・ラベイの香りの特性としても現れています。

 
当たり年のヴィンテージとしては、1985年や1990年のものなどが知られています。
1985年のレゼルブ・ド・ラベイは、透明度の高い澄んだ色合いが印象的です。香りの中心には、ドライフルーツやオレンジなどの濃厚な果実の風味を感じることができます。ローストされたくるみやアーモンドの香りもわずかに含まれており、適度な酵母感も残っているので舌触りはとてもまろやかです。一口目のアタックが強く、豊かな味わいは徐々に口の中に広がってきます。

 
1990年のヴィンテージでは、ドライされたハーブ類やフルーツの香りが強く感じられます。ジンジャーやアプリコット、いちじくなどの要素が加わることで、フレッシュさと濃密さがほどよく調和しています。爽快感とともにフルーティーな香りが楽しめるシャンパンです。また、この年は醸造家リシャール・ジェフロワ氏がドン・ペリニヨンの醸造最高責任者についた年でもあります。

 
比較的最近のヴィンテージとしては、レゼルブ・ド・ラベイ1992年があります。この年のヴィンテージは、シャンパンの色が濃く、どっしりとした風格を漂わせています。味は引き締まっていて、フルーティーな要素が強く出ています。新しいヴィンテージのため、果実の繊細さがまだ残っており、数年寝かせておくことでさらに熟成度が高まっていくシャンパンだと言えます。

歴史

発泡酒シャンパンを誕生させたのは、17世紀のフランスに生まれた修道士ドン・ペリニヨンだとされています。彼の名前は、現在世界で最もよく知られたシャンパン「ドン・ペリニヨン」の命名の元になっています。

 
シャンパーニュ地方にあるオーヴィレール村の修道院では、ワインを生産するためのぶどう畑を所有していて、ドン・ペリニヨンはこの修道院の酒庫係を務めていました。彼は、修道院のためにワインの醸造や研究を行う仕事をしていたのです。

 
シャンパーニュ地方は元々フランス王室ともゆかりがあり、この地の赤ワインは宮廷貴族たちの間でも好評を博していました。当時、発泡性のぶどう酒としてのシャンパンはまだ発明されていませんでした。
ドン・ペリニヨンは、適正な温度管理を行うためのワイン貯蔵庫を地下室に作るなど、数々の実験と改革に取り組みます。そして、当初は偶然の産物でしかなかった発泡酒シャンパンを、安全に効率よく作り上げることに成功したのでした。

 
シャンパン・ブランド「ドン・ペリニヨン」は、彼の名に因んでいるというだけでなく、このシャンパンの元祖から実際に引き継いでいるものがあります。それは、修道士ドン・ペリニヨンが当時使用していたぶどう畑です。現在ドン・ペリニヨンを生産しているモエ・エ・シャンドン社は、彼の死から間もなく、このぶどう畑を買い取って自社の所有地としたのです。

 
モエ・エ・シャンドンは、ドン・ペリニヨンが暮らしていた修道院の建物も取得し、老朽化していた建物を改修してワイン・セラーを設置しました。ドン・ペリニヨンが立ち寄った畑、ドン・ペリニヨンが研鑽を重ねた地下倉庫を同社で管理することになったのです。

 
シャンパン・ブランドとしての「ドン・ペリニヨン」は、1921年にその最初のヴィンテージが作られました。このシャンパンが発売されたのは、1936年のことです。そこから数えると、現在までに約80年が経過していることになります。

 
「レゼルブ・ド・ラベイ」には、フランス語で修道院という意味があります。このシャンパンは、当時の醸造責任者が試験的に生み出したものだとされています。修道士ドン・ペリニヨンが数々の実験を行った歴史ある修道院は、このキュベのネーミングにふさわしいものだと言えるでしょう。

エピソード

名酒ドン・ペリニヨンは、数々の逸話を持っているシャンパンです。
ドン・ペリニヨンは、アーティストや芸能人たちに愛されたシャンパンでもあります。数々の映画の中では小道具として使用され、ハリウッドの大女優であるマリリン・モンローは、とく1953年のヴィンテージを好んでいたと言います。

 
ドン・ペリニヨンが登場する映画は多くあり、よく知られている作品では「スピード2」や「ダイハード3」、「ジュラシック・パーク」などのタイトルを挙げることができます。トム・ハンクスとメグ・ライアンが主演したラブ・ロマンス「めぐり逢えたら」では、映画のクライマックスとなるエンディングのシーンに、ドン・ペリニヨンが出てきます。

 
イギリスのスパイ映画007シリーズの主人公ジェームス・ボンドが、このシャンパンを愛飲していたことも有名です。1964年に公開された「ゴールドフィンガー」には、ドン・ペリニヨンの飲み方についてボンドが講釈するというシーンが見られます。また、「ドクター・ノー」の中では、1953年のヴィンテージが好みだというセリフがあります。1953年は、ドン・ペリニヨンの当たり年でもあるのですが、映画の公開直前に女優モンローが亡くなっており、縁を感じさせる出来事でもあります。

 
ゴールド・ラベルの「レゼルブ・ド・ラベイ」に限れば、ロックバンドX JapanのドラマーYOSHIKIが、このシャンパンの愛好家の一人です。盟友の歌手Gacktが彼の元を訪れた際には、レゼルブ・ド・ラベイを挟んで、10時間もの飲み会が続いたと言います。その時、彼の自宅の冷蔵庫には、レゼルブ・ド・ラベイだけが数十本も収められていました。

 
このように、ドン・ペリニヨンほど世界中で名前が知られているシャンパンはないと言って良いでしょう。そのため、クリスティーズやサザビーズといった海外のオークションでも高値で取引されることがあります。2008年に、ワインとしては当時の最高落札価格をつけたのも、ドン・ペリニヨンのシャンパンでした。

シャンパンの買取一覧へ戻る