の豆知識

  • TOP
  • お酒の豆知識
  • カクテルの度数は高い?度数の決まり方や度数ごとの代表的カクテルも紹介

カクテルの度数は高い?度数の決まり方や度数ごとの代表的カクテルも紹介

カクテルは甘くフルーティーなものも多く、お酒は苦手でもカクテルなら飲めるという方も多いではないでしょうか?

しかし、カクテルは思っている以上にアルコール度数が高いものがあり、注意が必要です。

この記事ではカクテルのアルコール度数がどのように決まるのか、また度数を計算する方法や、度数別の代表的なカクテルについて紹介します。

カクテルの度数は飲み物の組み合わせで決まる


カクテルはベースとなるお酒にドリンク類や果汁などを組み合わせて作るアルコール飲料です。そのため、カクテルの度数はこれらの組み合わせによって決まります。

ここでは、カクテルの度数を自分でも計算できる方法や、度数を低くしたい場合の組み合わせについて紹介しましょう。

カクテルの度数を計算する方法

カクテルの度数は、まず材料の種類ごとに計算します。ひとつの材料の計算は以下の通りです。

「材料の量×アルコール度数」

100mlのジンがベースであれば、ジンはアルコール度数が40度のため、100ml×40度で4000という数字が出ます。

これにライムを15ml加える場合、アルコール度数は15ml×0度なので、値は0です。

このようにそれぞれ計算した数字を合計し、材料と氷の溶ける分(10mlとして計算)の総重量で割ります。計算式は次の通りです。

(材料の量×アルコール度数)+(材料の量×アルコール度数)÷(材料の総重量+氷の溶ける分10ml)=アルコール度数

具体的なカクテルで計算してみましょう。

ジントニックをジン50ml、トニックウォーター100ml、レモン2mlで作る場合、

1.ジン(50ml×40度)+トニックウォーター(100ml×0度)+レモン(2ml×0度)=2000
2.重量152ml+氷が溶けた分10ml=162
3.1と2を割る:2000÷162=12.3
このレシピで作るジントニックのアルコール度数は約12度です。

度数を低くしたいならドリンクを組み合わせる

同じカクテルでも作る人によって分量に違いがあり、アルコール度数は前後します。

しかし、基本的にベースのお酒に違うお酒を加えるお酒同士の組み合わせは、度数が高くなるものです。反対に、ドリンクを加えるカクテルは度数が低くなります。

度数を低くしたい場合は、ノンアルコールのドリンクや果汁を加えるカクテルを選ぶのがよいでしょう。

ベース別にカクテルの度数をチェック


ドリンクや果汁を加えるカクテルなら度数は低くなりますが、ベースに使うお酒自体が度数が高いものもあります。その場合、加えるのがドリンクや果汁だけでも度数はかなり高いままです。

お酒が苦手な方はそのようなベースのカクテルは避けたほうがいいでしょう。
ベースに使われるお酒の度数は次の通りです。

・ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、ウイスキーなど:40度
・ワイン:12〜15度
・リキュール:17〜24度
・ビール:4〜5度

度数が低いのはリキュールがベースのカクテル

カクテルに多く使われるリキュールは、蒸留酒に果物やハーブなどのフレーバーを加えて味や香りをつけ、シロップを加えたお酒です。他のベースに比べると比較的アルコール度数が低いカクテルが作れます。

ただし、甘くて飲みやすいため、飲み過ぎてしまう危険も。ジンやウォッカなどに比べると度数は低めですが、それでもワインやビールと比べると20度前後と高めです。

ビールがベースのカクテルも度数が低い

ビールのアルコール度数は5度と、他に比べてはるかに低く、さらにドリンク類と合わせた場合、かなり度数の低いカクテルが作れます。

「カクテルは飲みたいけどできるだけ度数を抑えたい」という方におすすめです。

ラム・ジン・ウォッカ・ウイスキーベースは要注意

スピリッツと呼ばれるラムやジン、ウォッカ、テキーラ、ウイスキーなどは40度以上とかなり度数が高く、ドリンク類と合わせたカクテルでも25度を超えてしまいます。飲みやすいからとうっかり飲んでしまうと、酔いつぶれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

お酒が弱い方は、これらスピリッツがベースのカクテルは避けるのをおすすめします。

このあとは、度数別のカクテルを紹介しましょう。居酒屋やバーで選ぶ際の参考にしてみてください。

【8度以下】安心して飲める・度数が低いカクテル


8度以下で安心して飲めるカクテルを紹介します。どれもジュースなどの感覚で飲めますが、度数が低いからと安心してたくさん飲んでしまわないよう注意しましょう。

カシスオレンジ

カシスオレンジは居酒屋でも定番のカクテルです。甘くて飲みやすく、女性に大人気。カシスを使ったリキュールとオレンジジュースで作ります。シェーカーを使わず、グラスと氷、マドラーを使うだけで自分でも簡単に作ることができる手軽なカクテルです。

一般的なレシピで使うカシスリキュールの量は30mlほどで、オレンジジュース120mlを加えた度数は次のように求められます。

(30ml×17度)+(120ml×0度)÷(150ml+氷の溶ける分10ml)=3.18

3.18度とかなり低い度数に。お酒が弱い方でも、1杯程度なら安心して飲める度数ですね。

ピーチウーロン

ピーチリキュールとウーロン茶のカクテル。ピーチリキュールのアルコール度数は15度と控えめで、ウーロン茶と合わせることで低アルコールのさっぱりしたカクテルになります。ピーチの芳醇な香りが楽しめ、ウーロン茶の苦味もリキュールの甘さでまろやかになるのが魅力です。

ピーチリキュール30mlとウーロン茶120mlを加えた度数は、次の通り。

(30ml×15度)+(120ml×0度)÷(150ml+氷の溶ける分10ml)=2.81

3度以下という、度数の低いカクテルになります。ウーロン茶のためカロリーも低く、とてもヘルシーなカクテルです。カシスオレンジでも、カロリーや甘さが気になる方はオレンジジュースをウーロン茶に変えたカシスウーロンにするとよいでしょう。

カルーアミルク

「お酒は苦手だけど、カルーアミルクなら大好き」という方はけっこういるのではないでしょうか?

特に女性に人気のカクテルです。コーヒーリキュールの「カルーア」にミルクを加えて作ります。濃厚な大人のカフェオレという感じで、あまりお酒という雰囲気がありません。

もともとは1970年代頃からアメリカのボストンで流行したカクテルで、当時はカルーアを注いだ上から生クリームをフロートしていました。

カルーアコーヒーリキュール30mlと牛乳120mlを加えた度数を計算してみましょう。

(30ml×20度)+(120ml×0度)÷(150ml+氷の溶ける分10ml)=3.75

こちらも低い度数になりました。カルーアミルクは甘く濃厚で、あまりアルコールの感じがありません。

アイスカフェオレの感覚でたくさん飲んでしまうとアルコールの取り過ぎになってしまうので注意しましょう。

レッドアイ

ビールベースのカクテルです。同量のトマトジュースと合わせます。レッドアイという名前は、少し飲み過ぎた翌朝の赤い目を表現したもの。ビールの度数が低いうえにトマトジュースと割るため、さらに度数の低い飲みやすいカクテルができあがります。

ビール80ml、トマトジュース80mlを合わせた度数は以下の通り。

(80ml×5度)+(80ml×0度)÷(160ml)=2.5

かなり度数が低く、飲みやすいカクテルができあがります。グラスをあらかじめ冷やしておき、ビールもトマトジュースもよく冷やして作りましょう。

【10度台】飲み過ぎに注意したい・度数がやや強めなカクテル


アルコール度数も10度を超えると、かなり酔いが回りやすくなります。飲みやすくても10度を超えるカクテルは注意が必要。2杯、3杯と飲み過ぎないようにしましょう。

ここではおなじみのカクテルの中から、10度を超える要注意のカクテルを紹介します。

ソルティドッグ

ウォッカをベースにグレープフルーツジュースを加える、爽やかなカクテルです。グラスのふちに塩をトッピングして飲むスタイルが有名。「ソルティドッグ」とはイギリス海軍のスラングで、「甲板員」のことです。潮風を浴びながら甲板上で仕事をする姿から「塩辛い犬」と呼ばれるようになりました。

もとはジンをベースにグレープフルーツジュースを加え、塩をひとつまみ加えてシェークしたもの。それがアメリカに渡って現在の形になりました。甘くて酸味があり、飲みやすいため飲みすぎには注意が必要です。

ウォッカ45ml、グレープフルーツジュース60mlを合わせた度数は次の通り。

(45ml×40度)+(60ml×0度)÷(105ml+氷の溶ける分10ml)=15.65

15.65度とかなり高い度数です。お酒に弱い方は、1杯でかなり酔いがまわるでしょう。暑い日にソフトドリンクのような感覚で飲んでしまい、すっかり酔ってしまったなんてことにならないようにしたいですね。

キールロワイヤル

有名なカクテル「キール」のベースを、白ワインからスパークリングワインに変えたカクテル。カシスリキュールとスパークリングワインの組み合わせで、カシスの酸味と炭酸の爽やかな味わいが楽しめます。

スパークリングワイン90ml、カシスリキュール15mlを合わせた度数を見てみましょう。

(90ml×12度)+(15ml×17度)÷(105ml)=12.71

12.71度と高めの度数です。カシスリキュールの甘さが加わって飲みやすく、つい飲み過ぎてしまいがち。食前酒の1杯程度にしておきたいカクテルです。

アイリッシュコーヒー

アイリッシュウイスキーをベースにした温かいカクテル。1940年代後半、アイルランドのバーテンダーが厳寒の地で冷えた体を温めるカクテルとして考案しました。

ホットコーヒーに特産のアイリッシュウイスキーを入れ、さらに生クリームを浮かべた滑らかな口当りのカクテルです。

アイリッシュウイスキー30ml、ホットコーヒー80ml、砂糖5mlを合わせた度数は、次の通り。

(30ml×40度)+(100ml×0度)+(5ml×0度)÷(115ml)=10.43
10.43度と、やや高めです。1杯だけ飲むなら、体を温めるのにちょうどいい度数といえるでしょう。

【25度以上】お酒が弱い人は注意・度数が高いカクテル


バーで注文したくなるおしゃれなカクテルでも、かなり度数が高いものが少なくありません。25度以上のカクテルは、お酒に弱い方なら小さなカクテルグラス1杯飲んだだけでもすっかり酔ってしまいます。

ここでは、注意して飲みたい25度以上のカクテルについて紹介しましょう。

マティーニ

「カクテルの帝王」とも呼ばれる有名なカクテルです。カクテルについてよく知らなくても、マティーニなら知っているという人も多いでしょう。「007」など、アメリカ映画でもたびたび登場して話題を呼びました。

時代やバーテンダーごとにレシピが変わるのが特徴で、近年はドライベルモットを使った辛口が主流でます。

マティーニのレシピとなるジン45ml、ドライベルモット15mlを合わせた度数は次のようになります。

(45ml×40度)+(15ml×15度)÷(60ml)=33.75

ベースに使うジンも、加えるドライベルモットもアルコール度数が高く、33.75という高い度数に。分量の比率によって度数は前後しますが、かなり強いカクテルであることは間違いありません。

一度はバーでマティーニを味わいたいと思っていても、アルコール度数は非常に高いということは覚えておきましょう。

ギムレット

ジンにライムジュースを加えたシンプルなカクテルです。ジンの香りとライムの爽やかな酸味でキレのある味わい。レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説に登場し、一躍有名になりました。

ギムレットを構成するジン45ml、ライムジュース15mlを合わせた度数は次の通りです。

(45ml×40度)+(15ml×0度)÷(60ml)=30

お酒とドリンクの組み合わせながら、ジンがベースのためかなり高めの度数に。ライムの爽やかさでうっかり飲み過ぎてしまわないよう、注意したいですね。

ルシアン

ウォッカとジン、カカオリキュールという3種類のアルコールを合わせたカクテル。カカオの甘い香りで口当たりがよく、女性好みの味わいが特徴。それにだまされ飲み過ぎてしまうため、「レディーキラー」という名前がつけられています。

ルシアンはジン20ml、ウォッカ20ml、カカオリキュール20mlで作り、合わせた度数は次の通りです。

(20ml×40度)+(20ml×40度)+(20ml×24度)÷(60ml)=34.6

34.6度という、かなり高い度数になりました。飲みやすいだけに注意が必要。お酒が弱い女性は他の度数が低いカクテルを選んだ方がよいでしょう。

ダイキリ

ラムをベースにライムジュースを加えたカクテルです。古くからあるカクテルで、19世紀後半、キューバのダイキリ鉱山で働くアメリカ人が命名したとされています。坑夫たちが暑さをしのぐため、ライムを絞ったラムを飲んでいたのが始まりです。

ライムの酸味で清涼感のあるカクテル。夏はダイキリと氷をミキサーにかけ、シャーベット状にしたフローズンダイキリが人気です。

ラム45ml、ライムジュース15ml、シロップ5mlを合わせた度数は次の通り。

(45ml×40度)+(15ml×0度)+(5ml×0度)÷(65ml)=27.69

27.69度とかなり高い数字になりました。カクテルグラスで飲むショートカクテルですが、時間をかけてゆっくり飲みながら、1杯にとどめておいたほうがよさそうです。

スカイ・ダイビング

美しく澄んだブルーが、スカイ・ダイビングの名前にぴったりのカクテル。1967年、全日本バーテンダー協会のカクテルコンペティションで1位に入選した作品です。リキュールのブルー・キュラソーが澄んだブルーを作り出し、甘さや苦味がライムの酸味とバランスをとっているのが特徴。

スカイ・ダイビングは基本的に、ラム30ml、ブルー・キュラソー20ml、ライムジュース10mlで作られます。

(30ml×40度)+(20ml×20度)+(10ml×10度)÷(60ml)=28.3

きれいな色と甘く爽やかな口当たりでたくさん飲めそうですが、こちらもアルコール度数は28.3度とかなり高め。飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。

まとめ


カクテルは見た目が美しく、フレーバーや甘みなどで味も飲みやすいのが特徴。ついついたくさん飲んでしまいがちですが、度数の高さには気をつけたいもの。特にジンやウォッカなどスピリッツベースのカクテルは、飲むとしても1杯だけにしておきたいものです。お酒に弱い女性は、あらかじめカクテルの度数を知ってから注文するようにしたいですね。

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください