高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

お酒買取専門業界
シェア率
業界No.1!
業界トップクラスの
高価買取!
出張・持ち込みで
即現金化
最速査定!
  • お酒買取業界シェア率No.1!
  • お酒のプロ集団!
  • 削減コストを還元!

だから高価買取!

出張買取・宅配買取で
全国どこでも対応いたします。

※ご依頼頂くお品物の内容や本数によっては、ご対応が難しい場合もございます。
 まずは当店スタッフまでお気軽にご相談下さい。

お見積り・キャンセル料も一切かかりません。

静岡県のお酒買取なら、お任せください!

0120-051-552 電話で
すぐ査定
0120-051-552

お酒のプロフェッショナル集団です!

私たちは、巷によくある総合買取のお店ではなく、お酒の買取一本で勝負をする正真正銘お酒のプロフェッショナルです。

元ソムリエをはじめとするお酒の世界で生きてきた専門家たちが、お客様の大切に保管されていたお品物を査定させていただきます。

また、バイヤーは当社基準の厳しい研修を完了できたものに限られ、その豊富な知識と経験は間違いなくお酒買取業界NO,1であると自負しております。

年中無休、業界NO.1の対応スピード

お客様の、我々を必要として頂ける声にできる限りお答えしたい…。そう思うから当店は年中無休!
大晦日・三元日除く全ての日を営業しております。土日がお休みの方から平日にお休みの方まで、どんな方でも幅広くご対応させて頂けます。

また、お品物のお見積りスピードも業界NO,1!これまでの膨大な取引記録と現在の相場表により、買取価格をすぐにご提示!もう待たされてイライラすることもありません。

独自の販売ルートがあるからできる、真似のできない高額査定

お酒の買取をするところは数多くありますが、買取価格には大きな差があります。総合リサイクル、質屋、お酒のみを扱うお酒買取専門店…
お客様はどちらの買取金額が高いと思いますか?

当店は“飲食店コンシェル”というサービスを通じ、全国の飲食店との強力な提携ネットワークがあります。この強力なネットワークを使い再販ができるからこそ、どこにも真似のできない高額査定を実現しております。

静岡県のお酒事情

吟醸王国、底なしの可能性

吟醸王国、静岡。その評価を知らない酒好きはありません。その始まりは85年、静岡県の工業技術センターが「静岡酵母」の開発に成功したことがきっかけです。

バイオテクノロジーの面だけでなく、酒のプロフェッショナルである杜氏と蔵元もそれぞれの技を磨き臨んだ一大プロジェクトでした。初めての味と香り、静岡にしかない吟醸が誕生し、吟醸王国の歩みがスタートしました。

翌86年、全国新酒鑑評会にて金賞を10個、銀賞を7個という華々しい受賞数で実績を作り、金賞受賞蔵数が堂々の日本一に輝きました。

合言葉は「吟醸造りは静岡に習え」。しかしここまで辿り着くまでには静岡県の苦労秘話があります。

静岡県の酒造りは東海道の酒場町発展と共に発展していきました。ですが太平洋戦争が勃発し、原料である米の不足から廃業を余儀なくされた蔵元が数多く出てしまいました。

なんとか廃業を免れた蔵元も、長い間灘の下請けとして苦しい時代を送ってきました。

しかしその下請けの数も段々と減っていき、このままでは静岡の酒造りがどうしようもなくなってしまうという状況になった時に、コストの高い吟醸酒で挑戦することを選択しました。

そして吟醸王国が誕生したのです。

吟醸王国静岡として映画制作も進行中。

躍進が止まらない吟醸は、静岡の血と汗の結晶でありその可能性は底が知れません。

静岡県を代表するお酒

『磯自慢』…いまや吟醸の大定番となったお酒。磯自慢酒造。

磯自慢酒造では、涼しい風が吹き始める10月の末に神様を祀ることからスタートします。そこからの吟醸造りは、春先まで1日も休むこと無く行われます。

早朝3時から行われる酒造り、それを取りまとめる杜氏の技は神業と評されています。

佇むように香ってくる匂いは磯自慢の特徴。グラスに注ぎ、一口。味はさっぱり。体温が伝わごとに増す味わい。冷やすとキリッと、常温ではさらさら飲めるお酒です。

静岡県を代表する酒造メーカー

静岡平喜酒造株式会社 (静岡県 静岡市)
君盃酒造株式会社   (静岡県 静岡市)
萩錦酒造株式会社   (静岡県 静岡市)
花の舞酒造株式会社  (静岡県 浜松市)
万大醸造合資会社   (静岡県 伊豆市)
株式会社根上酒造店  (静岡県 御殿場市)
磯自慢酒造株式会社  (静岡県 焼津市)
富士正酒造合資会社  (静岡県 富士宮市)
牧野酒造合資会社   (静岡県 富士宮市)
二十日目醸造株式会社 (静岡県 藤枝市)
株式会社大村屋醸造場 (静岡県 島田市)
森本酒造合資会社   (静岡県 菊川市)
白松酒造株式会社   (静岡県 菊川市)
國香酒造株式会社   (静岡県 袋井市)
千寿酒造株式会社   (静岡県 磐田市)
株式会社土井酒造場  (静岡県 掛川市)

静岡県のお客様の声

【40代 男性 (個人)】

出張の多い友人が、先日中国からお酒を買ってきてくれました。
焼酎やブランデーウイスキーなど、強いお酒は好きなのですが、
紹興酒は箱を開けた時から匂いがきつすぎて、これは飲めないと思い、
友人に詫びつつも売ることにしました。
名古屋にお店があるとのことだったので、
遊びに行くついでに寄ってみたら、 対応も早く、
その場ですぐ買い取ってくれました。
紹興酒はあまり高くないと思ってましたが、
いいお小遣いになってよかったです。


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->