ウィスキーの豆知識

  • TOP
  • お酒の豆知識
  • 子供がウイスキーボンボンを食べるのはNG?法律違反にならないワケ
ウィスキー

子供がウイスキーボンボンを食べるのはNG?法律違反にならないワケ

ウイスキーボンボンを「子供が食べても大丈夫?」「未成年者は食べてはいけないの?」と疑問を持つ人も多いでしょう。ウイスキーなどのアルコールが入っているウイスキーボンボンはお酒が苦手な人でも気軽に楽しめるため、古くからあるお菓子として親しまれています。

ウィスキーボンボンにお酒は入っているものの、子供が食べても法律上は何の問題もありません。ただし、子供にはおすすめできないお菓子だということも覚えておきましょう。

この記事では、なぜ子供がウイスキーボンボンを食べないほうが良いのか分かりやすく解説します。ぜひ最後まで読んでください。

ウイスキーボンボンってなに?


ウイスキーボンボンとは、ウイスキー入りのチョコレート菓子の名称です。最近では店頭に並ぶことも減ってきており、ウイスキーボンボンを知らないという人もいるかもしれません。

ウイスキーボンボンが流行っていたのは1970年代のことです。その後、チョコレートの多様化が進んで売上は急降下していきました。そして現代では、ウイスキーボンボンではなく、洋酒入りのケーキや焼き菓子などが主流となっています。

そもそもボンボン菓子とは?

ボンボン菓子とは、砂糖で作った殻でアーモンドを包んでいるお菓子のことをいいます。最近では、砂糖以外にチョコレートなどで包むことも一般的となりました。中身についてもアーモンドのほかに、ナッツやフルーツを包むことがあります。

コロコロとした丸い見た目の場合もあれば、ウイスキーボンボンならではのウイスキーボトル型のチョコレートに包まれていることもあるようです。形状はメーカーによって異なります。

ボンボンはフランス語でキャンディ菓子の総称

ボンボンという言葉は、フランス語でキャンディ菓子を指します。フランスでは、キャラメルやペロペロキャンディなどをまとめてボンボンと呼んでいるのです。

その昔、砂糖は高級品だったため、ボンボンも貴重なお菓子として扱われていました。それを象徴するかのように、ボンボニェールというボンボン菓子を入れる専用の箱まであったのです。

子供はウイスキーボンボンを食べない方がいい


子供がウイスキーボンボンを食べても法律上は問題ありませんが、おすすめできないのも事実です。それは一体なぜなのでしょうか?

お菓子だから子供が食べても法律上問題はない

冒頭でも述べたとおり、ウイスキーボンボンを子供が食べても法律に引っかかることはありません。これは、法律の1つである酒税法において「酒類とは、アルコール度数1%以上の飲料」と決められているからです。

つまり、ウイスキーボンボンに入れられているお酒のアルコール度数が何%であれ、そもそもウイスキーボンボンは飲料ではなくお菓子に分類されるため、酒税法に引っかからないということです。

そのため、もしも未成年者がウィスキーボンボンを食べてしまっても、未成年飲酒として逮捕されることはありません。

少量のアルコールでもお酒はお酒

先ほど子供がウイスキーボンボンを食べても法律には引っかからないと解説しましたが、なるべくであれば子供は食べないほうが良いでしょう。やはり少量のアルコールでもお酒はお酒だからです。

小さな子供を含む未成年者は、まだ肝機能が成長しきっていません。お酒を体内に入れてしまうとアルコール分解力が低く、上手く消化しきれないことも多いです。そのため、少量のお酒でも顔が真っ赤になってしまったり、頭がボーッとしたりする可能性があります。

そのため子供の健康を考えると、ウイスキーボンボンは食べさせないほうが良いといえるでしょう。なお、子供だけではなく、体質的にお酒に弱い人や妊娠中の人も、できれば食べないことをおすすめします。

ウイスキーボンボンを食べたら運転は控えよう


次に、ウイスキーボンボンと車の運転について説明します。

飲酒していなくても飲酒運転になることもある

「ウイスキーボンボンはお菓子だから、食べた後に車の運転をしても大丈夫だろう」と考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、ウイスキーボンボンを食べた後に運転することは控えたほうが良いでしょう。なぜなら実際にお酒を飲んでいなくても、飲酒運転になってしまう可能性があるからです。

飲酒運転の正式名称は「酒気帯び運転」で、これはお酒を帯びている状態で運転することを指しています。そのためウイスキーボンボンがお菓子でも、食べてしまえば酒気を帯びている状態になるのです。

ウイスキーボンボン以外にも注意すべき食べ物

前述のとおり、最近ではウイスキーボンボン以外にも、お酒入りの食べ物が販売されることが多くなりました。ここでは、身近にあるお酒入りの食べ物を紹介します。

・酒粕を使った食べ物
・奈良漬
・酒まんじゅう
・栄養ドリンク
・甘酒
・洋酒入りケーキ、焼き菓子 など

これらは飲料ではなかったり、アルコールが含まれているとしてもごく少量だったりと、普段気にも留めないものばかりでしょう。もちろん、通常の量を食べたり飲んだりするくらいでは、飲酒運転になることはないです。

ただし「奈良漬が美味しすぎて1パック丸ごと食べてしまった」や「仕事の疲れが溜まっていたから栄養ドリンクを複数本一気に飲んでしまった」などという場合は運転を避けるほうが無難です。

まとめ

この記事では、子供がウイスキーボンボンを食べても大丈夫か気になっている人へ向けて、法律上問題ないことをお伝えしました。法律にひっかからないとはいえ、子供の体にとってウィスキーボンボンはあまり良いとはいえません。ご自宅に置く際には、できるだけ子供の手の届かない場所にしまっておくことをおすすめします。

また、ウイスキーボンボンを含め、アルコール入りの食べ物を食べたときは運転を避けたほうが良いでしょう。お菓子だからといって大量に食べてしまった結果、他人を巻き込む大事故につながることのないように注意してくださいね。

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください