萬膳の買取・査定

(manzen)

萬膳(manzen)

基本買取情報

最高買取金額 ¥2,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥1,200
買取本数 27本

生産情報

生産国
日本
地方
鹿児島
蔵元
萬膳酒造

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

萬膳の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

萬膳の特徴

「萬膳」は焼酎「真鶴」と同様、万膳酒造にて造られています。

万膳酒造代表の万膳利弘氏は、「復刻するなら昔ながらの製法で」という思いから、昔ながらの製法による焼酎づくりに挑んでいます。

自然通気による手作り麹や、一次・二次もろみは甕つぼで仕込まれ、蒸留機も木だると錫(すず)製の冷却蛇管に。木だるや錫製蛇管の技術者も数えるほどしかいませんでしたが、それも、こうした匠の技も杜氏の腕と同様、焼酎文化を支えてきたという考えから。それに加え、霧島山系の軟らかな水が味をひきたてる焼酎です。

そうして「萬膳」は噂が噂を呼んで、わずか2年弱の間に県内で極めて入手困難となり、すでに幻の焼酎と化しています。

「萬膳」は甕仕込・生樽蒸留といった伝統の技に加え、手作りの黒麹で仕込まれた味わいは絶品です。華やかな甘み・香ばしさとやわらかな口当たりが高い次元で同居され、口に含むと若干アルコールの刺激を感じられますが、全体が一つの風味として成立しています。

おすすめの飲み方はロックという声も多く、高い次元の味わいをできるだけ壊さないように飲むことができる焼酎です。

歴史

万膳酒造は先代が亡くなられた影響により長く閉鎖していましたが、4代目社長・万膳利弘氏が、叔父にあたる杜氏歴58年の宿里利幸氏と共に、1999年末に霧島山中深く渓流手篭川(てこがわ)の辺りに小さな蔵を新造し、再興を果たしました。

蔵の新造にあたっては、設計から2人で行いました。そして、地元産の厳選材料を使い、手造り・甕仕込み・木桶蒸留機など、細部まで良いものにこだわっていることから、訪れた人が皆絶賛するという素晴らしい蔵になりました。

エピソード

万膳酒造は1922年(大正11年)に創業されました。しかし、万膳利弘さんの父が急死してからは焼酎製造は途絶え、販売だけが行われてきました。

万膳利弘さんは、酒造りの復活については「息子の代にでも…」と漠然と考える程度でしたが、その思いを息子の素朴な一言が揺るがしました。

豪雨災害後、甲突川五石橋が解体される様子をテレビで見ていた当時小学2年の息子が「お父さん、歴史って守るものじゃないの?」とつぶやいたのです。

この一言で、万膳氏は叔父の黒瀬杜氏、宿里利幸氏に相談され、宿里氏も「杜氏の技術を後世に伝えたい」と技術指導を喜んで引き受けたのです。

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ