森伊蔵の買取・査定

(moriizo)

森伊蔵(moriizo)

基本買取情報

最高買取金額 ¥355,000
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥11,000
買取本数 1600本

生産情報

生産国
日本
地方
鹿児島
蔵元
森伊蔵酒造

詳細

分類
焼酎
タイプ
芋焼酎
原材料
さつまいも

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

森伊蔵の買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

森伊蔵の特徴

「森伊蔵」の創業当時、焼酎の銘柄には人名を付けるのが流行でした。そのため、「森伊蔵」もかつての銘柄は「錦江」。このラベルも、いくつかの変遷を経ています。

原材料の芋も以前は仲介人に任されていましたが、後に鹿児島県一の薩摩芋の生産地、大隅半島にある8軒の専業農家と独自に契約を結びました。

これにより、低農薬の良質な黄金千貫芋(焼酎造りに欠かせないデンプンを多く含む品種)が確保できるようになり、さらに麹造りに使う米には福島のコシヒカリが使用されています。

「森伊蔵」は、魔王、村尾と合わせて「3M」と呼ばれる芋焼酎のトップブランドです。

発売から10年以上が経ちますが、その人気は今も衰えることはありません。

歴史

「森伊蔵」の蔵元である森伊蔵酒造は、1885年(明治18年)創業です。

垂水市牛根境に位置する酒蔵は、150坪ほどの敷地があり、契約栽培の原料芋を高隈山系の伏流水と白麹で仕込んでいます。

昔ながらの合掌造りの蔵の中で壷仕込みを続ける、こだわりから生まれる焼酎なのです。

ちなみに「森伊蔵」の酒名は、4代目の名前が由来だそうです。

エピソード

大相撲ファンであるフランスのシラク元大統領が、以前、九州場所を観覧した際に博多の町を訪れ、食事で「森伊蔵」を味わいました。シラク元大統領は、森伊蔵がフランスのブランデーよりもおいしいと評価し、何本か持ち帰ったほどだそうです。

その後、森国会議員が首相だった時にパリを訪問し、晩餐会に招かれた際に出たお酒も森伊蔵だったとか。

鹿児島選出の国会議員がこの森伊蔵の噂を聞き付け、蔵元に電話をして注文しようとしたところ、「森伊蔵は限定生産ですのでこちらの蔵に足を運んでくださる方にのみ販売しております」と言われ、議員からの依頼にも関わらずあっさりと断られてしまったというエピソードがあります。

こうした特別扱いの無い好感の持てる対応も含め、「森伊蔵」は、幅広い方から愛される支持の高い銘酒なのです。

関連商品

焼酎の買取一覧へ戻る

関連カテゴリ

焼酎の買取商品カテゴリ