高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ウォッカの買取・査定

(wodka)

ウォッカ(wodka)

生産情報

主な生産国
アメリカ ロシア ポーランド フィンランド 日本 その他
種類
レギュラータイプ フレーバード

詳細

主な原料
トウモロコシ 大麦 小麦 ライ麦ジャガイモ 穀物類 麦芽
有名銘柄
ウィルキンソン スミノフウオッカ
ズブロッカ ストリチナヤウオッカ
スピリタス スカイ アブソルート
主要カクテル
バラライカ
コスモポリタン
モスコミュール
スクリュードライバー

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ウォッカの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ウォッカ(wodka)の特徴

大麦、ライ麦、(地域によってはイモ類)など穀物を原料とした蒸留酒です。

蒸留後の白樺活性炭濾過により、時間を掛けて純度の高いものに仕上げることがウォッカの製造において最重要な項目であり、無色・無臭であるものが多いです。

クセのない味わいが特徴で、水を除くとエチルアルコール以外の成分はほとんど残りません。ウォッカはそれほど、アルコール純度の高さを極めたものなのです。

歴史

ウォッカの歴史はウイスキーをも凌ぐと言われており、はっきりとした起源は曖昧です。ロシアで地酒として飲まれるようになったのが12世紀ごろと言われていますが、11世紀にポーランドで飲んでいたという説も存在しています。

14世紀のポーランドではそのアルコール度数の高さから、消毒や消臭に使われるなど生活に密着していたようです。20世紀後半に入って白樺活性炭濾過を用いた製法が確立しはじめ、「クセの少ない、クリアなお酒」として愛飲されるようになっていきました。

ロシア革命により、フランスに亡命したウォッカ製造会社社長(ウラジーミル・スミルノフ)がパリでロシア国外初のウォッカの蒸留に着手しました。その後、ドルフ・クネットによってアメリカ・カナダのスミノフウォッカの製造権と商標権が買収され、アメリカのウォッカ消費量は世界でも群を抜くものになりました。

ソビエト時代のロシアは、不況や言論の自由を奪われた多くの国民が、その不満からウォッカ中毒になり、密造なども増えていたといいます。

逸話

前述の通り、ウォッカの歴史は深く、ウォッカの定義については長い間論争が繰り広げられていました。

穀物、ジャガイモ以外を原料とするものはウォッカとして認めないポーランドやスウェーデンに対し、サトウキビや葡萄を原料とした蒸留酒もウォッカと認めるべきと訴えるイギリスやオランダの二派に別れて議論されていました。

これを俗に『ウォッカ戦争』と呼び、5年もの歳月をかけて議論された結果、2007年12月17日に「原材料を明記することによって、ウォッカと認める」と定義づけられ、双方が納得するという形で収まりました。

スピリッツ・その他お酒の買取一覧へ戻る


yahoo_report_conversion when someone clicks on the phone number link or button. -->