ロイヤル・ロッホナガーの買取・査定

(royal-lochnagar)

ロイヤル・ロッホナガー(royal-lochnagar)

生産情報

生産国       
イギリス
地域
スコットランド
地区
ハイランド
アバディーンシャー  
作り手
ロイヤル・ロッホナガー蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ロイヤル・ロッホナガーの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ロイヤル・ロッホナガー(royal-lochnagar)の特徴

1845年に地元の資産家ジョン・ベグ氏により創業。
東ハイランドのディー川の近くに、ロッホナガー蒸留所は位置します。

ロイヤル・ロッホナガーと名づけられたのは、1848年にヴィクトリア女王とアルベール公が家族で蒸留所を訪れ、女王夫妻が気に入り勅許状が届き、それ以降「ロイヤル」の冠して呼ばれるようになりました。

仕込み水は、蒸留所の南側の地平線をほぼ占領する「ダーク」ロッホナガーと呼ばれる険しい山の麓寄りの斜面から流れる、天然の軟水を使用しています。

シェリー樽熟成で癖がなく飲みやすい味わい、口当たりは優しくまろやかで豊かなピート香。

人気ハイランドシングルモルトで、「イギリス王室御用達」の称号を受けているウイスキーです。

歴史

1845年にジョン・ベッグにより設立され、ディーサイドに建設されたロイヤル・ロッホナガー蒸留所は、地域で唯一のウイスキーの蒸留所です。

かつては対岸にロッホナガー蒸留所もありましたが、1829年の大洪水により流されてしまいました。

ロイヤル・ロッホナガーは当初は初めに建てた蒸留所と区別するため、ニュー・ロッホナガーと呼ばれていました。

しかし、1848年創業からわずか3年後にバルモラルを訪問していたヴィクトリア女王とアルバート公爵が蒸留所を訪れ、同年末にロイヤル・ロッホナガーに改名しました。

逸話

創業より順調に稼動していましたが、「VAT69」のキーモルトの供給を行うようになった後の1916年にジョン・デュワー&サンズに買収されました。

ロイヤル・ロッホナガーは小さな蒸留所であり蒸留器2基で40万リットルしか生産されていません。周囲の土地には蒸留所は存在しておらず、周囲の住民はいつ閉鎖されるか不安を感じていました。

しかし、近年は所有者となったディアジオ社より多額の出資を与えられ、事業は順調に運んでいるようです。

2004年に1974年に蒸留した30年ものを「レアモルト・シリーズ」からリリースしています。この商品はもともとの販売数量がとても少ないため、入手しづらい一品となっています。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ