スプリングバンクの買取・査定

(springbank )

スプリングバンク(springbank )

基本買取情報

最高買取金額 ¥27,500
※過去最高金額での買取り結果です。
平均買取金額 ¥4,500
買取本数 7本

生産情報

生産国     
イギリス
地域
スコットランド
地区
キャンベルタウン
村 
アーガイル
作り手 
スプリングバンク蒸留所

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

スプリングバンクの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

スプリングバンク(springbank)の特徴

スプリングバンクの仕込み水はクロスヒル湖の水を使用しています。高度1155フィートの山の北斜面から輪出ている源泉からの水です。

創業以来、すべての麦芽は自家製麦を行い、初留釜は石炭での直焚き、今では珍しい自社でのボトリングという最終工程までの全てを蒸留所内でまかなっています。

変則的な2回半蒸留で造られ、潮っぽい味をうまくシェリーの風味でくるむスタイルは独特で、キャンベルタウン・モルトの牙城を守り、ピートを強く炊き込んだロングロウや3回蒸留のヘイゼルバーンもスプリングの手によるもので、その意識の強さをうかがわせる存在感があります。

歴史

スプリングバンク蒸留所は、1828年に創業されました。スコットランド西岸のキンタイア半島先端のキャンベルダウンという小さな町にあります。

かつては30以上もの蒸留所があったというこの町で、いまや唯一安定的に稼動しているのがスプリングバンクです。

スプリングバンク蒸留所が現在まで操業できたのは、事業者はリード家から婚姻で結ばれたミッチェル家に移ったものの、事業を丁寧かつ堅実に引き継いできたからこそ出来たものだと思われます。

逸話

アメリカが禁酒法施工以前、キャンベルタウンはウイスキーの街としてとても栄えていました。

本島からキンタイア半島の南端にあるキャンベルタウンは、陸路こそ交通が不便ですが、船を利用することで難なく流通することが出来ました。ウイスキー業界が大ブームの時代は国内で第2位の生産量を誇っていました。

しかし、大きなマーケットであったアメリカに禁酒法政策がとられると、輸出事業は衰退の一途をたどりました。需要は生産量1位であったスペイサイドに求められるようになり、キャンベルタウンはあっという間にその座から転落し、蒸留所は次々に閉鎖されていったのです。

関連商品

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ