響 17年の買取

平均買取価格
¥50,000
最高買取価格
¥50,000

生産情報

日本
地域
-

詳細

生産者
サントリー
タイプ
ブレンデッド
  • 特徴
    「響17年」はサントリー創業90周年を記念して作られたお酒で、1989年に発売されました。

    特徴は、最低でも17年熟成された原酒を使用しているという点です。サントリーが持つ歴史ある数多くの原酒の中から、酒齢17年以上のモルト原酒30数種類を厳選し、酒齢17年以上の円熟グレーン原酒とブレンドすることで作られました。さらに、ブレンド後の後熟にもじっくりと時間をかけることで、30数種類の原酒たちをしっかりと調和させ、ひときわ深く豪華なハーモニーを追及しています。独自のブレンド技術の粋を集めたサントリーウイスキーの最高傑作であり、世界でも最高級のプレミアムウイスキーのひとつです。その味は世界でも認められ、SWSCやIWSC、ISCなど、いくつもの世界的な賞を受賞しています。
    「響17年」はラインナップの中で最初に登場しました。飛び抜けた癖がなく、日本人の味覚に合った出来上がりになっています。1989年の誕生以来、マイナーチェンジを繰り返しつつ完成度を高め、より飲みやすい逸品に仕上がっています。アルコール40度でありながら、ウイスキー初心者でも飲みやすくなっているのが特徴です。
    様々な飲み方を楽しむことができるのも特徴のひとつです。ストレートで飲んでも、そのまろやかな口当たりとフルーティーさで非常に飲みやすく仕上がっています。カラメルの香りがやってきた後に青りんご、プラム、レモンなどの果実の香りが追いかけてきます。水割りにすると、そのフルーティな香りをより強く楽しめるようになります。ロックにして飲むと香りが一転し、ワサビや接着剤の香りの奥からチョコやバナナ、モルトの香りがやってきます。氷を入れると酸味が落ち着いて甘さを感じやすくなります。炭酸水を入れてハイボールにして飲むと、水割りとは違い、モルトの甘さを感じやすくなります。ハイボールはやや味が薄く感じることも多いので、香りを楽しみたいのであれば濃いめに入れるのが重要です。
    飲み方によって違う顔をのぞかせるので、自分好みの飲み方を探してみるのも楽しいでしょう。
  • 歴史
    日本におけるウイスキーづくりの歴史の礎を気付いたのは、サントリー創業者・島井信治郎です。彼は1923年、京都郊外に位置する山崎の地で、日本初となる蒸留所の建設を行いました。ここで本場スコットランドの手法を学びながらも、日本の気候の中で日本人の嗜好に合った日本のウイスキーづくりを目指しました。当時、日本人は日本食の繊細な味付けを好んでおり、まだまだ洋酒に慣れていない人が大多数でした。そんな当時の日本人の嗜好に合わせるためには、優れたブレンドが必要不可欠でした。信治郎は持ち前の鋭い感覚を活かし、数々のブレンデッドウイスキーを生み出しました。
    「響」を生み出したのは、信治郎の次男である佐治敬三です。二代目マスターブレンダーを継いだ彼は、彼は最高峰と呼ばれるにふさわしい日本のウイスキーをめざし、その思いと歴史の結晶として誕生したのが「響」です。生み出されたのは1989年、サントリーが創業90周年を迎えた記念の年でした。
    「響」というブランド名には、「人と自然と響きあう」というサントリーの企業理念が込められています。豊かな自然にはぐくまれた原酒をブレンドし、世界に喜ばれるウイスキーを作ることは、まさにその理念を形にする試みであったと言えます。更に歴史ある原酒をブレンドすることで、重厚な響きあい(ハーモニー)を奏でるウイスキーにしたいという思いも込められています。
    「響17年」を語る上で欠かせないのが「ミズナラ樽原酒」です。ウイスキーを熟成させる樽は、大きさや材質、内部の焼き具合などによってウイスキーの出来栄えを左右します。ウイスキーの樽には通常オークと言う木材が使われています。

    代表的なのはアメリカとスペインが原産のオークですが、北海道で取れる日本原産のジャパニーズオークがミズナラです。戦後、海外のオークが手に入らないことから使われ始めたこのミズナラ樽は、サントリーがオリジナルで開発した貴重な樽です。使われ始めた当初はゴムのような匂いが出過ぎていたため使えませんでしたが、その後、長期熟成を経ることで、ウイスキーを複雑で東洋的な香りを持つものに育てる樽であることが分かり、多く使われるようになりました。「響17年」にはこのミズナラ樽で作られた原酒がキーモルトとして使われています。日本ならではの熟成をはぐくむ樽は世界からも注目を集めています。
  • 逸話
    「響17年」はその装いにも日本らしい意味が込められています。「響17年」の瓶は、24面カットのデキャンタボトルです。この24という数字には、1日の24時間を表す他に、日本の季節の移ろいを示す二十四節期を表す意味合いがあります。二十四節期とは、太陰暦を使用していた時代に季節を表すための工夫として考えられたものです。1年を24に等分し、区切られた期間に名前を付けることで季節を区切っていました。現在でも立春、夏至、秋分といった言葉に、その片鱗が残っています。日本が大切にする季節の移ろいを表すとともに、原酒が樽の中で過ごした日々やサントリーが持つウイスキーづくりの歴史、そして「響」を介してつながる過去と未来といった「時」の象徴としての意味を持っています。
    ラベルには、約1500年の歴史を持つ手漉き越前和紙が使われています。越前和紙は福井県嶺北地方で製造されている和紙で、楮(こうぞ)や雁皮(がんぴ)といった植物を主原料に作られています。柔らかい光沢と、和紙が持つ気品を併せ持っています。そのラベルに記された「響」の墨文字は、グラフィック書道を切り開いた書道家、荻野丹雪氏によるものです。和紙と墨字による、日本ウイスキーならではのラベルがウイスキーにさらなる気品を与えています。
    さらに、ボトルネックに巻かれた「深紫」の帯にも、サントリーが込めた思いがあります。紫は日本では伝統的に高貴な人間がまとう色とされてきました。遡れば飛鳥時代の位階制度でも、紫は最高位の冠色に定められており、その後の次代でも深紫は高貴な身分や極めて一部の上位の位にのみ纏うことが許された色でした。

    そのような高貴な意味合いを持つ紫は、最高級プレミアウイスキーに相応しい色であると言えるでしょう。また、「深紫」の色合いは紫草の根を何度も繰り返し染めることで作られます。数多くの原酒の中から選りすぐりを厳選、吟味した上で、熟練のブレンダーによって生み出される「響」と同じ、調和の奥深さを表現しているのです。

響 17年の
買取実績

個人情報の取扱いについて(お見積及び査定)

制定日 2020年8月20日
最終改正日 2020年10月1日

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業のため、個人情報保護理念と自ら定めた行動規範に基づき、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。
また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
なお、当社が提供する各サービスにおける個人情報の具体的な取扱いは、各サービスのプライバシーポリシーにおいて定めます。

  1. 当社は、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  3. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  4. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  5. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

株式会社ファイブニーズ
代表取締役 岡崎 雅弘
以上

個人情報の利用目的の公表

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)は、個人情報を次の利用目的の範囲内で利用することを、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第18条第1項に基づき公表します。

個人情報の利用目的

  1. ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  2. ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
    • 当社が受託する飲食店コンシェル事業の実施のため
    • ハローワークや民間就職斡旋サイトからの応募者情報は、採用業務のため
    • ECモールからのお酒の購入者の個人情報は、商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため

以上

保有個人データに関する事項の周知について

株式会社ファイブニーズ(以下、「当社」という。)では、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する保有個人データについて、以下の事項を周知致します。

  1. 当社の名称
    株式会社ファイブニーズ
  2. 個人情報保護管理者の氏名、所属及び連絡先
    管理者名:個人情報保護管理者 松村 愛
    連絡先:メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  3. 保有個人データの利用目的
    • お客様の個人情報は、酒 買取・販売事業及び飲食店コンシェル事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品や新たなサービスのご案内のため
    • 当社の各事業に関するお問い合わせの方の個人情報は、お問い合わせにお答えするため
    • 当社従業者の個人情報は、人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理等のため
    • 当社への直接応募者情報は、採用業務のため
  4. 保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
    保有個人データに関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
    株式会社ファイブニーズ個人情報に関するお問い合わせ窓口 苦情相談窓口責任者
    メールアドレス:privacy@fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
    (受付時間 9:00~18:00)
  5. 当社の加入する認定個人情報保護団体について
    当社の加入する認定個人情報保護団体はありません。

保有個人データの開示等に関する手続き

保有個人データについて、「利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止」(開示等)のご請求が出来ます。
当社では、次の手順で個人情報の開示等の求めに対応します。

  1. 開示等の求めの受付
    1. 下記の宛先までご連絡ください。
      当社より「所定の用紙」を郵送しますので、到着後、当社の「個人情報の取扱いについて」に同意後、以下の宛先まで郵送またはご持参ください。
      〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目13-2 太平サクラビル3F
      株式会社ファイブニーズ
      個人情報に関するお問い合わせ窓口:苦情相談窓口責任者
      メールアドレス:privacy@ fiveneeds.co.jp ※特定電子メールはご遠慮ください
      (受付時間 9:00~18:00)
    2. 本人又は代理人であることを確認のための以下の書類を(1)「所定の用紙」とともに郵送またはご持参ください。
      本人又は代理人であることの確認方法は、以下の通りです。
      • ア) 個人情報の開示等の求めに応じる場合の本人確認
        以下の本人確認書類のいずれかの写しを同封することとする(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする)。
        • 運転免許
        • パスポート
        • 住民基本台帳カード
        • マイナンバーカード(表面)
        • 在留カード又は特別永住者証明書
      • イ)代理人による開示等の求めの場合
        代理人による開示等の求めの場合、前記 ア)に加えて、代理権が確認できる下記a)の書類の写しいずれか及び代理人自身を証明するb)の書類の写しのいずれかを必要とする。
        • a)代理人である事を証明する書類
          • 開示等の求めをすることにつき本人が委任した任意代理人の場合
            • 「開示等の結果を受領する権限を委任する」旨を記載した本人の委任状
          • 代理人が未成年後見人の法定代理人の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が成年被後見人の法定代理人の場合
            • 後見登記等に関する登記事項証明書(発行日から6ヶ月以内)
            • その他法定代理権の確認ができる公的書類
          • 代理人が親権者の場合
            • 戸籍謄本(発行日から6ヶ月以内)
            • 住民票(発行日から6ヶ月以内)
        • b)代理人自身を証明する書類(本籍地の情報は都道府県のみとして、その他は黒塗りで収集するものとする。)
          • 運転免許証
          • パスポート
          • 住民基本台帳カード
          • マイナンバーカード(表面)
          • 在留カード又は特別永住者証明書
  2. 「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
    利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    • 手数料金額:1,000円
  3. 検討結果連絡
    当社内で検討した結果は、以下の方法により遅滞なくご連絡します。
    • 個人情報の利用目的の通知、開示の場合は、書面の郵送または手渡し
    • 個人情報の内容の訂正、通知または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止の場合は、電話またはメール

    書面の送付先は、以下のいずれかの適切な方法を選択し行います。

    • 登録されている本人住所に回答文面を郵送する。
    • 登録されている本人のFAX番号に回答文面をFAXする。
    • 登録されている本人のEメールアドレスに回答文面をメールする。
    • 登録されている本人の電話番号に電話をかけ、口頭にて回答する。

以上

LINEID登録

LINEID: @636hxuaqを友達に登録するか、下のボタンからLINEアプリを起動してください