マールの買取・査定

(marc)

マール(marc)

生産情報

生産国   
フランス
地方
ブルゴーニュ

詳細

分類   
ブランデー
タイプ
マール

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

マールの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

マール(marc)の特徴

マールの正式名称は、「オー・ド・ヴィー・ド・マール(Eau de Vie de Marc)」と言います。マールはワインを製造する際に出るぶどうの搾り粕を原料に、水と糖分を加えて発酵させ蒸留したブランデー。

日本のお酒のジャンルで例えると、搾り粕焼酎です。ぶどう品種は様々で、蒸留すると透明になります。その後に樽熟成を得て琥珀色になり、香りと重厚な味わいのマールが出来あがります。

ブランデーといえばコニャックやアルマニャックが有名ですが、マールはそれとはまた違う味わいが楽しむ事ができ、食後酒として飲まれることが多いようです。

歴史

1941年にアペラシオン・ドリジーヌ・レグルマンテ(原産地規制)法で産地が決められました。3大産地はブルゴーニュ、シャンパーニュ、アルザスです。

マールはワインを造る際に出る搾りかすを原料にしたお酒ですが、同じ製造方法で造られたものでも、イタリアで作られたものはグラッパという名前になります。マールはフランスで作られたお酒と定められているのです。

豆知識

ブランデーの飲み方として最もポピュラーな飲み方はストレートで味わうことです。チューリップ型の足つきの大型グラスで大体180~300mlくらい入るグランデーグラスが一般的です。

ブランデーグラスが大きめなのには、グラスの中に少量入れて少しずつ飲むと温度とともに香りを楽しむことが出来るのです。グラスの底に手のひらを当てて温めながら飲みましょう。

ブランデーで有名なのはフランスですが、フランスに限らず世界各地で生産されています。

酒類としてはコニャック、アルマニャック等ありますが、これらは1909年以降名称が法律で厳しく定められており、限定された地域以外のブランデーは例えフランス国内のものであっても名乗ることが出来ません。

ブランデーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ