ラムの買取・査定生産者 シャトー・トロイス・モーリン

(rum)

ラム(rum)

生産情報

生産国
カリブ海周辺 プエルトリコ 日本
種類
ホワイトラム ゴールドラム
ダークラム アネホ カシャーサ

詳細

原料
サトウキビ
有名銘柄
バカルディ ハバナ・クラブ
ロン・サカパ マイヤーズ
キャプテン・モルガン
主要カクテル
X・Y・Z
ダイキリ
モヒート
キューバ・リバー

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ラムの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ラム(rum)の特徴

サトウキビを原料として造られる蒸留酒で、西インド地方が原産。

日本の黒糖焼酎やブラジルのピンガなど、ラム酒と同じようにサトウキビに含まれる糖を使用した蒸留酒が、他にもいくつか存在します。風味や色合いなどによりいくつかの種類に分類され、色合いで区別する『ホワイトラム』『ゴールドラム』『ダークラム』という呼び方が一般的です。

カリブの海賊のイメージが強いラム酒ですが、実は沖縄や小笠原諸島でも製造されており、過酷な環境でも栽培しやすいサトウキビの特色を活かし、町興しの一貫として使われています。飲用以外に製菓などにも使用され、日本ではラムレーズンなどがお馴染み。

歴史

コロンブスの新大陸発見以降、ヨーロッパ人がアメリカに持ち込み栽培したのがそもそものきっかけと言われており、諸説は色々とありますがカリブ海原産というのは間違いないようです。

世界史で有名な三角貿易に強い影響を与え、「西インド地方で原料のモラセスを積みアメリカへ、アメリカでラムを精製しアフリカへ、アフリカで奴隷の購入代金にラムを使い、奴隷は西インド地方でサトウキビを栽培する」という循環の流れに存在していました。

第二次大戦以降、イギリスからジンを輸入するのが困難になり、代用酒としてアメリカ国民に浸透していき、その後も人気は衰えることなく、現在に至ります。

逸話

古くは、魔のトライアングル『バミューダ海域』に向かう船の乗組員が精神安定のために飲んでいたとも言われていますが、昨今では、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』が大ブームした影響により、イギリスでの販売量が何倍にも増加。

バーなどでも、ラム酒を使ったモヒートやキュバ・リブレなどのカクテルの注文量が増え、ダークラムの消費量は前年比の31%増加となりました。

さらに2008年には、日本におけるラムの知名度アップを目標とする『日本ラム協会』が設立され、ラム・コンシェルジュの資格認定や講義などを行っています。

スピリッツ・その他お酒の買取商品カテゴリ