高価買取査定 - お酒買取専門店ファイブニーズ

オンライン査定フォーム

  1. 入力フォーム
  2. 査定申込完了
※入力必須項目です。
お客様情報
お名前
 
フリガナ
 
郵便番号
 
一番近い対応店舗を確認させて頂くため、ご記入をお願いしております。
メールアドレス
 
お電話番号
 
ご要望など

買取をご希望のお酒情報
銘柄1
お酒の銘柄
 
容量
特記事項

買取メルマガ購読
希望する
こちらの査定フォームには確認画面がございませんのでご入力内容を再度ご確認ください。
ご確認後、上記の「査定を依頼する」ボタンをクリックしてください。
  • お見積り依頼が完了いたしましたら、当社から受付完了のメールが到着いたします。
    メールが届かない場合、正常にご依頼が完了しなかったか、メールアドレスの入力間違いなどが考えられます。
    大変お手数ではございますが、再度お見積りフォームをご入力いただくか、直接お電話頂けますようお願い申し上げます。
    【フリーダイヤル:0120-978-990】
  • またよくある原因として、ご登録いただいたメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メールフィルターなどに引っかかっている場合がございます。
    「@fiveneeds.co.jp」のドメインを迷惑メールフィルターから解除することで、弊社からのご案内を正常にお受け取りいただくことができるようになります。
  • その他、フォームの入力などに関する「よくある質問」をおまとめしました。あわせてご参照下さい。

×

ブルイックラディの買取・査定

(bruichladdich )

ブルイックラディ(bruichladdich )

生産情報

生産国        
イギリス
地域
スコットランド
地区
アイラ島
ブルイックラディ
作り手
ブルイックラディ蒸留所

詳細

分類     
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

高価買取ランク

rank5

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

買取実績はこちら

ブルイックラディの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ブルイックラディ(bruichladdich)の特徴

1960年以前は、スコットランドのほとんどの蒸留所がそうであったように、アイラ島にあるウイスキー蒸留所も歴史的にピートをふんだんに使用したウイスキー造りが主流でした。

しかし、60年代に入るとブルイックラディはそのスタイルを変え、現在世界中で愛されているピートをほとんど焚かないブルイックラディへと生まれ変わりました。

蒸留所背後の丘の上にある泉から引く仕込み水は、アイラの他の蒸留所の水に比べてピート香も少なく、さらにスチルの首が極端に細く長いことから、アイラモルトの中では比較的軽めでドライ、クリーンなモルトに仕上がっています。

口当たりは柔らかくラム・レーズンのような独特の風味があり、なおかつアイラ・モルトの特徴の潮や海藻の香りもしっかりとあり、ブルイックラディはモルト作りにおいて、徹底した伝統的なスタイルをかたくなに守っている数少ない蒸留所です。

木の床はもちろん、ポットスチルも操業当時からの物をそのまま使用し、釜が付いていないオープンスタイルのマッシュタンは100年前の鋳鉄製。

アイラ・モルトの中でもっとも香り豊かな食前酒です。

歴史

ブルイックラディ蒸留所は1881年、アイラ島のインダール湖の傍で設立しました。創業者はロバート、ウィリアム、ジョン・ゴーレイ・ハーヴェイ兄弟です。

スコットランドで当時最大の蒸留所として知れ渡っていたダンダスヒルもこの3人が経営していました。

ブルイックラディ蒸留所は古い蒸留所とは違い、水の浸透を防ぐのと断熱効果も優れている中空壁と専用のボイラーがありました。

しかし順調であった操業も1929~1937年に生産停止に陥り、以降も数回にわたり蒸留所の閉鎖を繰り返します。

その後1970年代にホワイト&マッカイに買収されましたが、1994年に再び閉鎖され、2000年にインディペンデントボトラーのマーレイ・マクダヴィットなどの合併企業が再び買収し、操業を再開しました。

逸話

合併企業がオーナーとなって2001年に稼動が再開され、2001年8月26日に再開後初の蒸留が行われた時にはアイラ島民およそ3400人が蒸留所にかけつけ、歓声をあげ喜んだと言うエピソードがあります。

現在の蒸留は2001年にボウモアを離職したジム・マキューワン氏が担当しており、今もなおヴィクトリア時代からの設備を修理して使用しています。

ウイスキー作りにコンピュータを使用することなく古くからの製法が守られており、アイラ島で収穫された大麦を使用しボトリングまでの工程を一貫して維持し続けています。

このボトリングが開始されたのが2003年からでアイラ島では初めてのことでした。新たにリニューアルされたブルイックラディのラベルには、オーシャン・ブルーの色合いで蒸溜所周辺の海辺の岩礁を思い浮かべることができます。

ウィスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ