ロングロウの買取・査定

(longrow)

ロングロウ(longrow)

生産情報

生産国   
イギリス
地域
スコットランド
地区    
キャンベルタウン
ウェル・クローズ
作り手
スプリングバンク蒸留所

詳細

分類    
スコッチウイスキー
タイプ
シングルモルト
原材料
大麦 酵母

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ロングロウの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ロングロウ (longrow)の特徴

ロングロウという名前の蒸留所はかつてキャンベルタウンにありましたが、現在はスプリングバンクで造られています。

スプリングバンクのセカンドラベル的存在で、スプリングバンクの名前でボトリングされるものが独特の2回半蒸留であるのに対し、ロングロウは2回蒸留、原料となる麦芽にはピートが強く炊き込まれています。

ロングロウは1973年と74年にブレンド用の原酒として製造された後、1987年までは造られませんでした。

アイラ以外のモルトでスモーキーなものといえば、このロングロウ。

人気が高く、かつては限定生産で手に入りにくかったが、1990年以降は毎年蒸留しているため、入手しやすくなりました。

色はゴールドで、リッチな甘い香りで、後になって少しスモーキーさが出てきます。

歴史

かつてスコットランドで最も知られたウイスキーの町はキャンベルタウンでした。

海からのぼる霧はキャンベルタウンのシンボルであり、「塩辛さ」が特徴のキャンベルタウンモルトの熟成には欠かせない要素でした。

しかし、ウイスキーブームが去るとともにその名声も次第に衰えてきました。

ブレンダによる原酒を求める声が上がり始めると、キャンベルタウンはアメリカにその市場を求めようとしましたが、1919年の禁酒法施工により再浮上の機会も失ってしまいました。

1935年には30箇所以上あった蒸留所のうち、生き残ったのはグレン・スコシアとスプリングバンクのみとなりました。

逸話

1973年、スプリングバングは刺激的なスモーキーフレーバーのある商品のリリースに向けて取り組み始めました。

新商品の名前は、以前蒸留所が隣り合っていたロングロウ蒸留所の名前からつけられました。1985年に市場に実験的に投入した後、1992年に本格的に販売を開始します。

現在、ロングロウの主なラインナップには、10年もの、そのカスクストレングスである10年100プルーフ、14年物があります。

限定商品も多く販売しており、中には古いワイン樽で熟成したウイスキーもあります。2008年に数量限定のロングロウ18年をリリースし、生産を終了しています。

ウイスキーの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ