ラ・ターシュの買取・査定

(la-tache)

ラ・ターシュ(la-tache)

生産情報

生産国       
フランス
地方
ブルゴーニュ
地区
コード・ド・ニュイ
ヴォーヌ・ロマネ

詳細

分類    
赤ワイン
ランク
グラン・クリュ
タイプ
ミディアムボディ
ブドウ品種 
ピノ・ノワール

オンライン無料査定0120-978-990

電話ですぐ査定9:00-19:00 受付

オンライン無料査定はこちら

ラ・ターシュの買取なら、お任せください!

0120-978-990 電話で
すぐ査定
0120-978-990

ラ・ターシュ(la-tache)の特徴

ロマネコンティの南に位置する「6.06ha」のピノ・ノワール種のブドウ畑で、DRCが単独で畑を所有しています。斜面の上下に広い畑のため、上部では重厚な、下部では繊細なブドウが採取されて、双方が交わりあうため、複雑で濃厚な味わいを生み出しています。

年間「約1800ケース」が製造されており、1929年には「8万8125ドル」という値がついた記録も残されています。また、ラ・ターシュのワインは“悪いビンテージでも比較的安定して美味しい”と言われています。

色濃く、かなり凝縮された印象の味わいは、時に“ロマネコンティの腕白な弟”と呼ばれるほどで、独特の力強さと複雑さと強烈なアロマを感じさせてくれます。

歴史

ラ・ターシュ1937年はあらゆる意味で超越しているワインと言えます。戦争のために市場にほとんど出回らなかったと言う点、さらにこの年のワインがほとんどのみ尽くされて残っていないのです。

互いにぶつかり合いそうな成分を繊細に絶妙にまとめているワイン、それがラ・ターシュ1937年なのです。

逸話

ラ・ターシュは色を出し惜しみしないラ・ターシュらしい濃い暗紅色です。もちろんその濃い色合いは味にも現れています。

フレッシュな力強さと際立った丸み。ブドウの品種をそのまんま表しているようで、ピノとはこういうものだ、と体現しているようです。保存状態によってはロマネコンティを凌駕するほどの味わいになる逸品です。

関連商品

ワインの買取一覧へ戻る

関連カテゴリ